湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

タグ:四宮民法 ( 1 ) タグの人気記事

神奈川県弁護士会の会館地下には、至誠堂という法律専門書店があります。
昨日ふらりと寄ったら、古き懐かしき所謂緑本の新刊が3冊(三連発)平積みしてあり、感動しました。

以下がその弘文堂法律学講座選書の三連発。

1 民法総則第9版 四宮和夫著・能見善久著(2018/04刊)
2 刑法各論第7版 西田典之著・橋詰隆補訂(2018/03刊)

3 会社法第20版 神田秀樹著(2018/03刊)

1の四宮民法は、平成10年以前ころの民法総則の基本書の不朽の名著。四宮先生がお亡くなりになり、能見先生が補訂等を続け、はや9版。
ただ、この本の付近に「我妻・有泉コンメンタール民法第5版 総則・物件・債権」(新刊)を発見。こちらを購入してしまいました。

2の西田刑法各論は、平成10~20年代は検察内部で推薦されるほどの名著。
西田先生も急逝され、廃版になったと思いきや、満を持して橋詰先生が補訂。はしがきを読むと、西田先生の本文は変えない旨明言。信用して購入しました。

3の神田会社法といえば、薄く平易で有名。商法の権威亡鈴木竹雄先生の緑本を引き継ぎ、もう20版になるとは。
江頭先生の基本書も事務所にあるけど、分厚く、もはや辞書。
薄く平易な神田会社法は、利便性が高いと考え、購入しました。
神田先生は、岩波新書で会社法を出版しており、これはベストセラーでした。初学者、企業担当者など、専門家ではないけど会社法の知識が求められる方には、神田先生はお勧めです(緑本も岩波新書も)。

ブログランキングに参加しています

記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください



by ofuna-law | 2018-03-30 11:21 | 法律 論点 解釈

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law