湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

法律相談料は,うちの事務所は案件依頼の場合,無料です。

弊所弁護士にはいつものことなので当然になりがちですが,初めての相談者さんには逆に全く当然ではありません。
かつ,ほとんどの方が初めてなので,私たちに「要注意」という戒めのために,しっかり記事にアップすることにしました。

法律相談は,流れ上,①問題の前提となる事実を聞き,②法的見解を述べるという段階を踏んでいきます。
この間に,第一印象から始まって,法的見解の明確性や,お互いのやりとりを通じて感じる人柄や相性などを合わせて,③依頼するか(依頼しない又は持ち帰るか)を決める,という段階を迎えます。

①→②を経て,③の段階で「依頼する」となる場合,既に一時間近く経っているのが通常です。
その後,④委任契約書の取り交わしや委任状の署名押印等の事務手続きに入ります。

案件依頼の場合の法律相談料は無料という告知や説明が不十分だと,お客様に①②③のみならず,④の間も法律相談料がかかり続けているという余計な心配をかけてしまいます。
そして,契約等がすべて終わってお帰りになる時点で,「今日の相談料はおいくらですか」と質問され,初めて「今日は案件依頼なので無料ですよ」と回答する状況になります。

告知と説明の不十分という弁護士側の失態で,この余計な心配をかけたということになり,この問答が出た瞬間から,いたく反省させられます。

これは,無料相談が大都市部を中心に広がりつつある現状,有料相談という前提でうちの事務所を選び来所いただいた感謝も踏まえると,より反省が深くなります。
しかも,こういう悔悟を結構引きずるのが弊所弁護士たちです(だったら,しっかり告知と説明するように,という話に戻りますね)。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


# by ofuna-law | 2018-11-19 18:18 | 法律相談
弁護人は、略式命令の一件記録を、簡易裁判所において、閲覧謄写できる。

根拠は、刑事訴訟法40条。

もっとも、略式命令は14日間で確定する。
確定すると、もう弁護人ではなくなる。
だから、略式命令発令から14日以内に閲覧謄写請求をする必要がある。

国選弁護人も、いわゆる「勾留中在庁」であれば、釈放された被疑者の国選弁護人ではなく、解任されていないから、弁護人として閲覧謄写できる。

閲覧謄写が認められる趣旨は、正式裁判請求をするかの検討、罰金額が適正かどうかの検討、略式手続きが適正になされているかの検討のためである。

一件記録は、略式命令後、検察庁に戻される。

ゆえに、弁護人が簡易裁判所に閲覧謄写請求をかけると、一件記録は、再び検察庁から簡裁に戻され、簡裁での閲覧謄写となる。
すなわち、その分の時間のロスを念頭におかねばならない。

東京簡裁や大阪簡裁などの大都市の簡易裁判所と違い、その他の小規模庁の簡裁では実務的に略式命令一件記録の閲覧謄写がなされるのは、稀だと感じた。

そのため、今回、簡裁や書記官や検察官や検察庁記録係を巻き込んで連絡や説明が必要で、その分の時間のロスも生じた。

また、謄写に関しては、裁判官の許可が必要で、謄写する場合は、謄写許可待ちの時間ロスがある。

以上のような時間制限や時間ロスがあるが、結局、期間内に弁護人として略式命令一件記録の閲覧謄写ができた。

参考までに記事として執筆した。

(その他備忘録)
① 略式命令の一件記録は、手続的に公判は開かれていないから、公判記録ではない。また、略式命令の確定前の閲覧謄写請求だから、刑事確定記録でもない。どちらかというと、その性質は、捜査記録のようである。

② 略式命令が確定すると、刑事確定記録として、刑事確定訴訟記録法に基づいた閲覧謄写ができる。略式命令一件記録の閲覧謄写との違いは、刑事確定記録の閲覧謄写は、検察庁が内規に基づいて個人情報等のマスキングをかけることである。逆に、略式命令一件記録は、マスキングがない閲覧謄写となる。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください



# by ofuna-law | 2018-07-17 13:56 | ・刑事事件 裁判員裁判
知りうる限り、湘南内、JR東海道線の大船駅、藤沢駅、辻堂駅の周辺には、酒が呑める「屋台」はないと思うし、藤沢には、私鉄の小田急と江の電が通るけれども、それらの駅にも、ないと思う(あったら、こっそりと教えてほしいです)。
西に寄って、茅ヶ崎駅は、使う頻度が少ないので、もっと知らないが、おそらくないはず。

でも、更に西に寄って相模川を渡ったら、JR平塚駅には、ある。
場所は、西口改札を北側に下り、線路沿いを西に徒歩1-2分、中央地下道の脇に、3台、ある。

ずっとちょっと怖いのもあって立ち寄れなかったのを、勇気を出し(二軒目の酩酊の勢いもあって)はじめての立ち寄り。
レモンサワー1杯とおでんを4品えらんで、千円でした。

そもそも、屋台で呑んだのは、高知だけかもしれない。そこは観光名所。福岡の屋台も観光名所で有名だけど、行けていない。
記憶の片隅にずいぶん昔にどこか遠くの屋台で呑んだ記憶がある。名古屋だったか。

平塚のその屋台の大将(70代かな。呼び名がそれでよいのか、マスターとか、おっちゃんとか、もありうると思ったけども)に聞いたら、この場所で屋台をやる権利は、大将一代限りとのこと。

仕事柄、法律的な権利関係を一瞬考えたが、一瞬でそういうのをやめ、すぐレモンサワーとおでんと、屋台ならではの雰囲気を味わうことにした。

次来るときのために、定休日や営業時間を聞いたら、「雨の日はやらねー」「都合が悪い日はやらねー」「今日はもう閉めようと思ってた」「昨日は遅くまでやったぞ」ですと。

要するに、晴れていて、大将が今日はやろうって思ってそうな日に行けばいいってことですね(かなりむずかしいです)。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください



# by ofuna-law | 2018-05-24 20:38 | 地域の出来事 歴史 研究等
車のメカニカルドクターショップ「メカドック」を舞台に、主人公潤(エンジン一般担当)、いっつあん(経理担当)、野呂さん(板金担当)が、一般車をチューニングしてレースに臨み、ライバルと戦う漫画。

80年代のジャンプに掲載され、まさに世代。久しぶりに見かけて大人買いして一気読み。当時の友達らとリアルタイムで学校で語ってた記憶が蘇る。

この漫画のいいところは、エンジンの機構(レシプロエンジンやロータリーエンジン)やFF・FR・ミッドシップ等のレイアウトについてなど、車の知識が学べる点。
また、80年代の日本車の名車(トヨタセリカXX、ホンダシティ、日産フェアレディZ、マツダRX-7等)がずらずらと登場する点。
それと、アウトインアウト、スローインファストアウトなどの基本的なドライビングテクニックの紹介もある点。

アニメ化を知らず、見なかった。でも、漫画で全然よいのだ。

当時スバルが今ほど売れていなかったので、スバル(かつ、スバルといえば水平対向エンジン)が取り上げられていないのが、とても残念。
また、マツダがRX-7でロータリーエンジンをメインで開発していた時代。現在マツダはロータリーエンジン搭載車を販売していない(RX-8を発売したが生産中止となり、スカイアクティブエンジンへとシフト)。
30年以上経ち、エンジンも、ディーゼルエンジン流行の後、今やハイブリッドや電気自動車(EV)が隆盛の時代。

そういうのもひっくるめて、現代の日本車を取り上げつつ、最新の「メカドック」を是非読みたい。




ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください




# by ofuna-law | 2018-05-14 07:48 | 趣味 オフ 癒し
ふと興味がわいて、大船藤沢辻堂平塚の地名の由来について調べた。ただ、ネットからで原典にあたっていないので要注意。

結論として、一貫した共通点が見えた。
すなわち、全て湘南地域にあるが、地形的に海(相模湾)に面した土地ということが、地名由来に大きく関わっている点。

それは、遥か昔の湘南の海岸線が、いまよりもずっと山よりで、湘南の東西を走る東海道線の南手前くらいまで海岸線だったことも関係する。
海岸線が山よりだった分、砂浜、砂丘、海へと流れる川、沢、その周囲の湿地など、この地域は、水地帯的な土地であったようだ。

まず、大船の由来。

ここは、まさに昔は、湿地帯の中に、丘が点在する土地であった。

それは、大きな船が入れるほどのものだったとのこと。この大きな船から「大船」となった。
これに似た説が、粟を積んだ船が出入りし、そこから「粟船」となり、それが「大船」に転じたという説。ちなみに、大船の鎌倉よりに常楽寺というお寺があるが、その山号を粟船山という。

これらの説自体、この地域が海岸から近い水地帯であったことを示す。

なお、丘も多いことに着目し、その丘の形状が船に見えたとして、大船という説もある。ただ、水なくして船はないから、やはり水地帯と切り離せない。

余談だが、大船には、屋号などに「田園」の表記が非常に多い。大船事務所の1階は田園印刷所だ。では、大船には田園という住居表示はないのに、なぜ「田園」なのか。

それは、昔、まちづくり策として、世田谷の田園調布を目指した「大船田園調布計画」というものがあった(駅を中心に放射状・同心円状に道を配置し、街と駅との動線を合理的に配置する)ことから来ている。実現はしなかった。ただ、田園という表記は多く残ったと。
この計画が実現していたらを想像するだけで楽しい。そして、残念である。

次に藤沢。

藤の木が多かったという説がまことしやかにいわれるが、これは最近になっていわれるようになった俗説。
また、藤沢姓の有力武士の館があったことから、藤沢となったともいわれる。だが、その有力武士が館を建てたときには、もう既に藤沢という地名があり、その武士は土地名を名乗ったもの。由来とは言い難い。

最も妥当とされるのが、「淵沢」が転じて「藤沢」となったという説。

すなわち、やはり藤沢も水地帯であり、淵や沢が多い土地で、そのために、淵沢と呼ばれるようになった。これが、藤沢となったと。
訛り言葉として変化したか、あるいは、淵よりは藤のほうが地名として相応しいとされたのではないか。

ちなみに、藤沢駅北口のマックやファミマがある付近は、字を「横須賀」という。

この須賀とは、後に詳述するが、神奈川県内では、横須賀と同じだ。

もともと「スカ」とは、海に沿った高地、砂丘、砂地という意味。横須賀は、横に砂丘や海岸がある土地という意味といわれる。

藤沢駅北口直近に「横須賀」という字があるのは、昔はここが海岸線に近く、砂丘や海岸があり、その横に集落があったと考えて自然だ。

次に辻堂。

辻堂もやはり水地帯であった。たとえば、「浜見山」は、昔は砂丘。浜が砂丘の上から広く見通せたという。
「柳島」は本当に島だった。後に陸地化した。
その他、「南湖」なども水に関連する。おそらくではあるが、湖の南の土地、逆に、湖が南にある土地というのが由来であろう。

そもそも、辻堂は、もともと「八松ヶ原」と呼ばれていた。砂浜に八本の松があったことからきている。
砂浜の八本の松という意味では、八松ヶ原という地名も、海が関係している。

それが辻堂に転じたのだが、この名は水関連からはずれる。ちょっと残念。

辻堂の由来は、漢字を見ると推理できる。「辻」と「堂」。
現在はもう僅かしか遺稿が残っていないが、辻堂には、鎌倉街道の十字路があった。十字路とは辻。そして、その十字路にお寺があった。お寺とは堂。

問題は、その場所。
辻堂には現在3つの寺がある(昔はもう1つあったとのこと)が、この中でも、「南の寺」と呼ばれる宝泉寺が、その堂であろう。

それは、鎌倉街道が直近を走っていた点だ。これは動かしがたい事実。
また、地元ではこの宝泉寺を中心とした東西南北が、それぞれ東町、西町、南町、北町といわれている点。

あと、これも私見であるが、前述のように、辻堂と呼ばれる前は、この地域は八松ヶ原と呼ばれていた点。この八松という地名は、現在の住居表示を探す限り見当たず、八松という表記のみ、八松小学校という小学校名として残る。この八松小学校が、宝泉寺のすぐそばだ。

結論として、辻堂は、この宝泉寺(堂)と鎌倉街道の十字路(辻)が由来と考えるのが妥当だろう。
そして、鎌倉街道といえば頼朝であり、その影響(湘南地域における頼朝の伝説や威光は調べれば調べるほど深い)や、地名として「八松ヶ原」は長いから、シンプルに「辻堂」に転じたと考えてよいと思う。

最後に平塚。

これも諸説が割れているが、平塚の「塚」は、「スカ」が「ツカ」に変化したのではないかという考えが有力だ。昔の人がスカをツカと訛っても、不思議ではない(今も湘南には「だべ」「じゃん」など特有の訛りが残る)。

「スカ」とは、前述のとおり、海に沿った高地、砂丘、砂地などの意味がある。

平塚には、馬入川(相模川)の河口に、「須賀港」という港がある。いまでこそ、海釣りの港としての知名度くらいであるが、近世から大正まで(鉄道や自動車が主流になる前)は、ここが水運の地として栄華を極め、平塚の中心が須賀港であったといってよかった。

全国の回船が須賀港に集まり、高瀬舟が相模川を遡上し、厚木、相模原、八王子、果ては山梨県の上野原方面へと物資を運んでいた。
なお、この点に関しては、相模川を挟んで真向いある茅ヶ崎市の「柳島」にも同様の港があり、須賀港と熾烈な利権争いをしていた。当時の訴状等古文書が現存する。

この須賀港自体、須賀=「スカ」としていまも港名として残り、周辺も須賀地区と呼ばれ続けている。
まさに海沿いであり、砂浜がある土地、港及びその周辺地区にほかならない。

では、平塚の「平」とは?

地名としての「ヒラ」は、斜面を表す。すなわち、平は、丘ということ。
この丘というのも、私見では、普通の土の丘ではなく、砂丘を意味すると思う。

いま、平塚の南側は、基本的に坂も丘もない真っ平らな地域。
もし、ヒラが土の丘であったなら、時代とともに、簡単に平らになるだろうか。
一方で、もし、砂丘であったなら、時代とともに、平らになりやすい。

前述の辻堂の「浜見山」も、海が見渡せた砂丘であったとされるが、いまは砂丘は影も形もない平地だ。平塚市の南側相模川近くに「夕陽ヶ丘」、それよりも西方に「龍城ヶ丘」「黒部丘」など「丘」のつく地名があるが、いずれも既に平地であり丘ではない。

よって、「ヒラツカ」という呼び方そのものも平塚の地形、すなわち、砂浜、砂丘、ひいては、海を由来しているといえよう。

最後に近時思う私見を付言する。

歌川広重の東海道五十三次浮世絵「平塚」は、湿地帯の中の道を渡る旅人の背後に高麗山(湘南平)がそびえる構図となっている。これぞ広重も認めた平塚を代表する地形といえる。
この湘南平を「ヒラ」(丘)、その麓の東方に広大な「スカ」(砂浜や海沿いの湿地)が広がると見立て、「平塚」と呼ばれたというのもあり得なくもないのではないか。

なお、東海道線に乗ると、平塚駅や下り大磯方面発車後に、この構図と同じ風景が今も広がる(ただし、湿地帯は陸地化・市街化している)ので、是非通過の際は着目していただきたいと思う。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


大船藤沢辻堂平塚の地名由来 2014.9記事改訂_c0060448_09342493.jpg

# by ofuna-law | 2018-05-03 09:47 | 地域の出来事 歴史 研究等

「弁護士法人プロフェッション」代表が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law