湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

<   2019年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

宛名の悩み

プライベートな手紙の宛名について。
実は,先日,自分宛に大先輩から「大兄」という敬称の手紙が届き,初めてのことで,知らないながら,年下なのに「兄」というので狼狽。

調べてみたら,ネットで作家の童門冬二先生のコラムを発見。その内容の要旨を備忘のためにも書いておくことにします。

敬称には,「殿,様,先生,学兄,大兄,恭兄,恭姉,尊師(お坊さん)などたくさんあり,悩む」とありました。

作家という仕事上は,「学兄と学姉」を使うとのこと。
編集者と書き手の関係が,“競馬の調教師と競走馬”と考えていて,調教師の意見を尊重して書き手をなさっているし,実際,学ぶことも多いというのが理由。男性なら学兄,女性なら学姉。年齢は関係ない。年下でも学弟,学妹はNG。

勤め先で一緒だった人たちなどには,「恭兄,大兄,恭姉」。
大姉はNG。戒名(女性の最高の戒名)になってしまうから。これらも年下に恭弟,恭妹はNG。

「尊師」はお坊さんへの敬称だが,宗旨によりNGの場合があり,「和尚,住職」となるとのこと。

そう知ってから,格好をつけて,プライベートの手紙の宛名に「大兄」を時々使っています。

蛇足ですが,医師への手紙には,「御侍史(おんじし),御机下(おんきか)」という脇付が書かれます。
前者は医師に直接ではなく秘書を通じてお渡しするという意味,後者は直接渡すのは恐れ多いので机の下に置いておきますという意味。

医療関係者の方からの私信には,弁護士に対しても,この脇付が書いてあることが多いです。医療関係者間では慣習化しているのだと思います。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


by ofuna-law | 2019-09-29 16:16 | 仕事術 仕事感
某地方紙に「今日の当番弁護士」という記事(欄)があって、弁護士の名前が羅列されていました。

神奈川県では、そのような記事は地方紙に当たる神奈川新聞には、ありません。だから、新鮮でした。

当番弁護士とは、逮捕された人から要請を弁護士会が受けたときなどに、その人に速やかに弁護士を派遣し、面会を実現する制度です。

いち早く面会して、刑事手続きの説明、できることできないこと、今後の注意点などを説明します。

国選弁護人や私選弁護人とは違います。
国選弁護人や私選弁護人は、後々に付くので、逮捕直後にまず対応するのが当番弁護士です。

弁護士会は、日にちごとに当番弁護士の候補の弁護士名簿をあらかじめ準備しています。
弁護士側は、弁護士会から、この日は当番弁護士名簿に入っているから、当番弁護士の派遣がある可能性があるとあらかじめ知らされています。
だから、スケジュールに予定を入れています。
とはいえ、予定されている日に当番弁護士の要望がなければ、派遣はありません。

「今日の当番弁護士」が新聞記事になっていると、当番弁護士制度の周知にもなるし、逮捕された人の家族に今日の当番弁護士が誰かを知らせる機会が与えられるというメリットがあります。
よい取り組みだと感じました。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


by ofuna-law | 2019-09-28 08:31 | コラム

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law