湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

<   2016年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

(2005.5.19記事)
ご専門は?と質問されることは多いです。

医師なら,外科,内科,小児科など,専門があります。
が,弁護士は,それほど特化しておらず,憲,民,刑,商,民訴法,刑訴法(いわゆる六法)には通暁し,他はその関連法なので,だいたいは対応できるのが実態です。

当所のような地元密着型弁護士は,専門に特化して門戸を狭めず,相談されればその法律問題に一定の解決策を提示することが求められます。

依頼が多い類型はあり,離婚等男女トラブル,相続,交通事故がトップ3。
経験は多くなります。が,専門ではありません。

専門を決めるのは,視野・知見・バランス・可能性を狭めるリスクがあると懸念しているのを,知っていただけたらと思います。

頼りなげな印象になるかもしれませんが,ご専門は?の質問に,端的に答えにくいのが正直なところです。

(2015.2追記)
ご専門は?と聞かれたら、「身近なトラブル」「中でも、男女問題・相続・交通事故」と答えると思います。
独立後10年で、自然とそうなりました。

男女問題は、「1対1」の法的トラブルの基本形だと感じます。当事者間の対立が主観面と経済面で、もっとも激しく、法的トラブルが集約されています。

相続は、「1対数人」の基本形。男女問題の応用形に位置づけられます。

交通事故は、主観面の対立は後退してドライで、むしろ経済面の対立が前進する点で、男女問題ができれば、交通事故もできるという関係になると思います。

(2016.5.25追記)
専門は?との質問は、その意図を大別できるように感じます。

ひとつは、どんな弁護士なのかという個性の興味からの問い。
もうひとつは、身近な法的トラブルを相談できそうかの感触を得る問い。

だから、最近は、専門は?と聞かれたら「どんな弁護士を探しているのか」と、逆質問することをします。

すると、法的トラブルを抱えている場合だと、その法的問題がメジャーもマイナーでも、専門を決めないできた分、意図に合わせた答えができます。

一方、探している弁護士の分野にほかに一目おける弁護士がいるのも分かるので、不用意に答えられないものを見極めることができます。
これは逆の意味の成長と好意的にとらえてほしいです。

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです

  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by ofuna-law | 2016-05-25 09:00 | 取扱業務

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law