湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

シニア層の皆様にお読みいただく記事ですが,お若い方でも,ご両親などに当てはまるケースもあると思いますので,是非ご覧ください。
シニア層の「離婚相談」「相続遺言相談」「後見相談」について,特にご紹介します。

1 離婚相談について

年金分割制度が確立し,熟年層の離婚(特に女性からの)が増えています。
年金分割により,夫の年金の半分程度の分割制度が最近成立しています。

また,夫の退職金の半分程度を慰謝料ないし財産分与としてほしいと考える依頼者も多く,拒否の場合,会社に対し,夫の退職金請求権を仮差押えして,回収できるよう手を打てます。退職前に法律相談いただければ,手が打てます。退職後ですと,財産を隠匿され,取りはぐれるおそれがあります。
夫名義の自宅などの不動産がある場合も,その2分の1程度を慰謝料ないし財産分与とれますが,拒否の場合,不動産の仮差押えして,回収できるよう手が打てます。

2 相続遺言相談について

シニア層は,そもそも相続争いに巻き込まれやすいです。当事者間では解決できない場合は,弁護士に相談する必要が生じます。

遺言は,ご自分がお亡くなりになった後,財産があり,相続人が数名いて,相続人間で争い(いわゆる争族です)が起きそうな場合にあらかじめ作成しておくことにより,自己の意思を反映した相続を実現するものです。

遺言には,自筆もありますが,後で自筆かどうかが争われたり,家庭裁判所で検認という手続をとる必要があったり,お勧めできません。
公証人役場で作成する公正証書遺言という方式がお勧めです。この場合,弁護士にご相談いただき,相続人を戸籍調査し,打ち合わせを重ねて遺言書の案を作成した上,最終的に,弁護士と公証人役場に行き,遺言を作成します。

3 後見相談について

要介護状態になりそうな場合など,ご自身の代わりに身の回りの世話や財産管理をしてもらう契約ができます(財産管理契約・任意後見契約)。

また,親が認知症になってしまった場合,ご本人には判断能力がないため,成年後見人をつけて,成年後見人がご本人が行うべき判断をしなければなりません。そのためには,家裁へ成年後見人選任申立てが必要です。

いずれの場合も一度ご相談ください。

by ofuna-law | 2009-07-17 18:10 | 取扱業務
お客様アンケートの回答に「相談室が殺風景なので絵か花があったほうがいい」という趣旨のものが数通。

実は昔から絵は飾りたいなと思っていたのですが,後手後手になっていました。
花は,生花はゴミが出たりコストがかかるので,ちょっと困難。では造花はというと,風水的にあまりよくないらしい。

絵を飾る方向で検討しています。

by ofuna-law | 2009-07-01 17:44 | これまでの事務所運営

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law