湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

無期懲役刑の実態

日弁連ニュースに無期懲役刑の実態についてコラムがありました。

無期懲役というのは,有期懲役が最高30年(刑法14条)ですので,それよりも重い懲役刑なのですが,他の国にみられる終身刑とはまた違います。
終身刑は一生刑務所にいるという刑ですが,日本にはありません。
無期懲役は,終身刑よりは軽い刑です。

一方,日本には,仮釈放という制度があります(刑法28条)。
懲役刑になっても,模範囚など特に改悛の情がある場合は,早期に刑務所から出所できる制度です。具体的には,有期刑の場合は刑の3分の1を目処に,無期刑の場合は10年以上を目処に,仮釈放されます。

だからといって,無期懲役になっても10年で仮釈放がされているかというと,実態はそうではなく,現実には無期懲役受刑者が10年で仮釈放されるのは皆無だそうです。
2007年のデータでは,無期懲役受刑者で仮釈放された人は3名。平均刑務所在所期間は30年だそうです。

日弁連の論調は,無期刑が事実上の終身刑に化していて,人権上問題なのではないかとのことでした。
しかし,事実上の終身刑というのは言い過ぎな気がします。現に仮釈放されている人もいるのですから。
むしろ,日本にはない終身刑を新設し,刑を多種選択できるようにしてゆくべきだとの意見もあり,死刑廃止論も絡んで今後の課題だと思います。
by ofuna-law | 2008-11-28 17:19 | 法律 論点 解釈

鎌倉市市民法律講座

先週の金曜日,鎌倉市主催の鎌倉市市民法律講座で講演をしました。

テーマは,「刑事裁判手続と裁判員裁判制度について」でした。

今回,初めてお声がかかり,今年が初めての講師でした。
講師は,横浜弁護士会で,かつ,鎌倉市にゆかりのあることが前提のようです。
そうそうたる顔ぶれがお揃いで,やっとその中の一員になれたこと(と言っても,来年から呼ばれなくなったりするかもしれない苦笑が)に,とても感激しました。

折しも,裁判員裁判制度は,わかりやすい裁判を目指しているので,その講義としても,よりわかりやすく説明しようと努めたつもりです。

by ofuna-law | 2008-11-09 09:35 | 事例 経験 実績

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law