大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所 某辯護士の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ~大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町~ の法律事務所を置く「弁護士法人プロフェッション」の弁護士某が仕事や出来事や趣味などを時々弁ずるブログ

<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新司法試験

来年の5月に新司法試験の第1回が行われます。
法科大学院卒業生を対称とする初めての試験であり,今行われている司法試験のことは現行司法試験,来年の5月からのものは新司法試験というように呼ばれています。
新司法試験を受けるには,法科大学院生(卒)である必要があります。

現行司法試験と比べて内容が変わるかというと,問題文の量が増えたり(事例式になります),学問的なところだけでなく,実務的なところも出ることになります。
現行司法試験は,今年は1500人程度の合格者がでますが,来年はその半分程度,再来年はさらにその半分程度,というように人数が削減されていき,新司法試験に移行します。
新司法試験の合格者数は,数年後には3000人程度になると言われています。

学生の指導にあたっては,新司法試験になっても,現行司法試験の問題は良問ぞろいなので,まずは現行司法試験の過去問を解いて,ケースメソッドで学習するのがよいと思っています。現行司法試験の過去問は,昭和30年代からあり,それだけでも膨大な量で,こなすのは大変です。
やみくもに勉強するよりは,過去問検討は非常に有益だと思います。
by ofuna-law | 2005-10-27 13:46 | 司法試験 勉強

条文の暗記

司法試験に合格するには,あの分厚い六法全書を全部暗記する必要があるのでしょうか?
答えは,NOです。
条文は,大切な条文・よく使う条文については,引く頻度が高いので,自然に覚えます。
たとえば,憲法21条は表現の自由について定めたものであるとか,民法90条は公序良俗違反の行為は無効であることを定めたものであるとか,刑法199条は殺人罪について定めたものであるとか,です。
また,あの法律の何条あたりには,どのようなことが書いてあるかは大体わかります。
しかし,条文を全部暗記するというのは,人間の能力にも限界がありますから,無理でしょう。
六法全書という本があるのですから,それを引ければ十分です。
現実にも,司法試験の論文式試験の会場には,六法が用意されており,参照自由です。
法律学はきわめて理論的な学問であり,条文を体系的に整理して,構造的な体系的な理解をする必要があります。いわゆるリーガルマインド(法的思考)です。
条文をいちいち覚えなくても,全体的に,俯瞰的に,鳥瞰的に,構造的に,体系的に,その法律を理解することが大切です。
言葉で説明するのは難しいですが,自然科学(文系)の範囲に属しながら,法律学は,きわめて論理的で,理系的な面があります。
私は,理系科目が苦手で,文系を選択し,法学部へ進んだのですが,もともと理屈っぽかったことから,法律学が頭に素直に入って,司法試験に合格できたのだと思います。
というわけで,条文は暗記していませんし,しなくても司法試験には合格できます。
by ofuna-law | 2005-10-26 13:10 | 司法試験 勉強
○簡単な法律関係調査

法律関係や論点は,経営判断の前提となるひとつの情報と捉えることができます。その情報も,弁護士にとっては,殊更調査せずとも把握している事項かもしれず,また,職務上請求で把握できる事項も多く存在します。格別な労力・時間等を要しない範囲内の法律関係調査は,顧問契約の内容に含まれます。

○労働問題

人事・労務の局面では,従業員の個人請求(最近は残業代請求や退職をめぐるトラブルにより代理人弁護士から内容証明郵便が届くことが多い),団体交渉要求,労働審判などに対し,これらの問題発生時の対処はもとより,問題発生を日頃から未然に予防できるよう,連携しておくことになります。

○定型的な契約書・内容証明等の作成

契約書は,強い法的拘束力があるにもかかわらず,検討不十分のまま締結していると,不意の請求を受けたり,請求したいのに記載がないなどの問題が生じ,紛争化します。適切な内容の契約書があれば問題にならないことも,なければ問題になり得ます。弁護士の内容証明は,弁護士名の列記自体が,法的検討を経た強い意思表示であるとともに,問題となる事案に即した法的請求等の積極的な第一手になります。内容証明のみで解決する問題もあります。定型的な契約書・内容証明等の作成は,顧問契約の内容に含まれます。

○債権回収

債権回収は,内容証明等による請求のほか,仮差押えなどの保全処分や差押えなどの本執行を念頭に置いた回収可能性の検討や,支払督促の可否,場合によっては訴訟をするか否かなどにつき,迅速な判断を行ったうえで,粛々と進める必要があります。将来にわたる回収を見据えた債権管理のためには,返済計画の提案や契約書の作成・見直しも必要となります。遅滞する支払につき,所属弁護士連名の請求書や,当法人や弁護士数名からの催促,少額でも支払督促や提訴するという強い姿勢も有効です。

○その他

顧問契約においては,不動産(売買・賃貸借・担保設定),知財,税務,事業承継・M&A,事業再生等についても,問題となります。
by ofuna-law | 2005-10-16 18:43 | ・顧問弁護士

事務所1周年

本日,10月14日で,当事務所は,まる1周年を迎えます。
あっという間の1年でした。

弁護士(検事もそうでしたが)は常に勉強が必要だという実感です。
また仕事を通じて自分を更に高めていかねばならないと思います。

至らないところいろいろあるかと思いますが,
今後ともよろしくお願いします。
by ofuna-law | 2005-10-14 15:31 | これまでの事務所運営

湘南に3つ ~大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町~ の法律事務所を置く「弁護士法人プロフェッション」の弁護士某が仕事や出来事や趣味などを時々弁ずるブログ


by prof-law