湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

カテゴリ:これまでの事務所運営( 40 )

大船法律事務所を法人化し、2013年1月に辻堂、2015年6月に平塚に事務所を開設しました。

悩んだのが「事務所にある書籍を、3事務所で効率よく配置する方法」。

平塚開設当時、大船に多くの蔵書があり、次に辻堂にあり、平塚には蔵書がほぼない状態でした。

書籍をすぐ調べるのは、弁護士の基本。法律相談では、未知の論点が聞かれます。
実務では、書籍すなわち専門書にしか書いていない、痒い所に手が届くような事項が沢山です。

最初に考えたのが所謂「自炊」。スキャン・PDF化して3事務所誰もが閲覧できるようにする方法。

ただし、自炊代行が既にグレーで、費用もかかる。
弊所事務員にその仕事を振るのは、既に大船辻堂の蔵書の量が多く、本業事務以外までは難しい状態。
また、自分や家族レベルを超え、法人内で共有し3事務所で閲覧可能にするのまでは、著作権法違反の可能性もあって、「自炊」は諦めました。

紆余曲折後、結局、各事務所ごとに購入し配置することにしました。

限られた予算やもったいなさを考えると、各事務所で同じ書籍が重複するよりも、全体で一冊購入し共有するのが効率的・経済的と考えたのですが、現実は困難ゆえ、シンプルに各事務所で購入し備えるという結論に至ったのでした。

そして、例えば、平塚に蔵書がない場合、大船か辻堂にはありそうと思ったら(大船は2004年開設のためその頃からの蔵書が多い。辻堂は開設した2013年頃から購入の蔵書が多い)、当該事務所へ連絡し、「(交通事故の本で)どんなものがあるか」や「(遺言の文例の)本はないか」や「(旧借地法の~という論点を書いた)本がないか」などと直接聞くようにしました。

それで当たりをつけられたら、速やかに当該書籍の目次を送らせ、その目次を見て「~頁を送ってほしい」と指示し、入手する方法をとっています。

一方で、新規書籍を購入したら、都度、その本の表紙と目次のみを、グループメールに参考送付するような方法をとっています。
これにより、各弁護士は、法人が新規にどんな本を買ったかと、目次により大体何が書いてありそうかを知ることができます。
この程度なら、著作権法違反はないでしょうし、事務員の負担も大きくありません。
また、参考送付された本を配置してほしければ、「大船にもほしい」とオーダーされるので、購入します(全体としては重複になりますが)。

現時点では、以上が効率のよい方法だと思っています。

近隣地域に複数の事務所がある類似形態の法人のやり方に(弊法人のような近隣地域内限定の場合、調べるための他所への移動が短く、全国レベルで事務所を置く法人とは違った、効率のよい方法を模索できると思うので)、興味があります。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください



by ofuna-law | 2018-04-17 07:52 | これまでの事務所運営
弁護士事務所は,裁判所の近くが圧倒的に多いです。

神奈川県内の裁判所は,本庁(関内),川崎支部,小田原支部,横須賀支部,相模原支部。規模は,本庁(関内),次に川崎支部,その次に相模原支部,小田原支部,横須賀支部の順。
比例して弁護士事務所も,これらの周辺に集まっています。

とはいえ,2007年10月の記事で「最近は,大きな駅の駅近に事務所を構える弁護士が増えた。うちの大船法律事務所もそう。上大岡,湘南台,大和,二俣川,武蔵小杉,戸塚,相模大野などにもできた」と記載しました。

その変化の理由は,地域のニーズ(アクセス等の利便性),弁護士事務所の差別化・競争回避などです。

弁護士増加策により,2008年から弁護士が年間約2000人誕生し続け,これまでに全国の弁護士数は約1万~1万5千人増加。具体的には,2008年25,041(うち女性3,599)人が,2018年40,098(うち女性7,474)人になっています。

神奈川県も,JRの駅や私鉄の大きめな駅には,15年前はなかったのに今は少なくとも1つは事務所があります。

神奈川県内の弁護士が必ず所属しなければならない弁護士会の会名も,2016年4月から「横浜弁護士会」が「神奈川県弁護士会」に変更されました。
本庁(関内つまり横浜)以外に事務所を持つ弁護士がそれだけ多くなったという現れです。

蛇足として,地域密着型事務所(所謂マチ弁)の場合,あくまで持論ですが「弁護士1人につき人口1万人の法則」があります。

2018年現在,弊法人大船法律事務所のある鎌倉市の人口は約17万人,辻堂法律事務所のある藤沢市の人口は約42万人,平塚八重咲町法律事務所のある平塚市の人口は約25万人。
上記各市の弁護士数は,上記法則がほぼ当たり,鎌倉市約17人,藤沢市約42人,平塚市約25人と思っていただいて問題ありません。

更なる蛇足ですが,上記法則は,各市内に大きな駅が幾つかあれば人口配分が異なることや,人口流動性なども関係するので,ひとつの目安にすぎません。

例えば,大船は,駅のターミナル性が高く,通勤や乗り換え等で駅を利用する幅広い方々をもカバーしている印象。
辻堂は,藤沢市とはいえ藤沢駅に弁護士が集中する影響や,辻堂駅西口は実は茅ヶ崎市にあり,同市民の利用も多い印象。
平塚は,駅利用というよりは,市内や大磯二宮,秦野中井,伊勢原,厚木など周辺地域の車利用の方々をカバーしている印象です。


ブログランキングに参加しています

記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


by ofuna-law | 2018-04-10 07:00 | これまでの事務所運営

開業12周年をむかえて

平成16年10月、大船に事務所を開いたので、ちょうど12周年になった。

毎日の食事を詳しく思い出せないように、過去の仕事もそうで、でも確実に血肉になっていて、現在がある。

開業当初に12年後など想像つかず、そもそも1年後すら見当つかずだった。愚直に一歩ずつ前へ進むようにしてきた。

折しも、先日神社でおみくじを引いたら、過去や将来を考えるのではなくて今に集中するようにと書いてあった。

それに、最近はやりのマインドフルネスとやらも、同じといえば同じで、今に集中(呼吸に意識を集中して雑念を払うとリラックスできるとのこと)と言う。

おそらく思い出せないほどの昔から、今やるべきこと、今やりたいこと、今しかやれないことを、感じるままにきっちりやっていくのが一番だと思っている。

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです

  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by ofuna-law | 2016-10-05 08:42 | これまでの事務所運営
平塚事務所は日曜日営業。その代わりに金土定休。

続けてきて、日曜日営業によるお客様の反響は大きく、予約枠が埋まります。

では、働いている弁護士(及び事務局)からすると。。。
。。。これは、個人の気分の問題と仕事関係先との問題とにわけて整理して説明します。

1 まず気分。
日曜日営業は、通常日曜日は休み、という感覚からすると、一見損。ただ、日曜日は、マイペースが貫けるので、実はよし。
金曜日定休は、遊びに出た先がすいている、みんなが仕事なのに休んでいる感などが、よし。ここが最大の利点。
実は、当初から、この利点を狙い、平日に休みたかったのが本心であったりする。
ただし、遊ぶ人との関係で、一般的には営業日だから、そこは調整困難で損。

マイペースが貫けるとは、同業や営業など仕事関係先から電話がなく、静かで、外出もなく一日事務所詰め、来客と起案に集中できるという意味。
平日は、一日のやることが常にバタバタで、出たり入ったりや、不規則な電話・FAX・メール対応等、やることが細切れでマイペースどころではないため。

2 次に仕事関係先との問題。
金曜日は、定休(オフ)ゆえ、電話はかけない(ただし、かけられた話は営業する大船事務所・辻堂事務所に転送され、用件を承る体制にしています)。裁判所などにも行かない。
日曜日は、仕事関係先は定休だから、こちらからのアクションが基本できない。FAXやメールは送ります。

これは、辻堂事務所の土曜日営業で経験し、折り込み済み。要は、仕事関係先との関係では損。

でも、冒頭に述べたように、平塚事務所の日曜営業によるお客様の反響、いただく感謝の声は、非常に大きいです。

結局、気分は得、日曜にマイペースに仕事できる点は得・休みが人と合わない点は損、仕事関係先とは損・お客様には好反響。
ゆえに、損得感はプラスマイナスゼロ(得×2ー損×2=0)よりも少し得(お客様からの感謝分)というのが個人的感想です。

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです

  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by ofuna-law | 2015-01-26 09:10 | これまでの事務所運営
平塚八重咲町法律事務所営業日を変更し、「金土祝休み」「日曜日~木曜日営業」といたします。
よろしくお願いします。
by ofuna-law | 2014-11-28 14:50 | これまでの事務所運営
本日、平塚八重咲町法律事務所が開業しました。

ちなみに、場所等は
平塚市八重咲町18-25寺本ビル3階
電話0463-79-6014
です。

本日午前中は、8時に事務所に出て、荷物の整理やらをしました。
その後、パソコンのネットワークを組む業者さんが来たり、ビジネスフォンの業者さんが来たり、バタバタしていました。

平塚八重咲町事務所の特色は

「日曜日終日営業」・金土祝定休(営業時間9:00~17:30)
です。
※当初、「土曜日及び日曜日終日営業」・火水祝定休(営業時間9:00-17:30)としていましたが、変更いたしました。

今回、しっかりと地元平塚に密着し、また、新支店を着実に軌道に乗せたいと考え、私が、辻堂法律事務所から平塚八重咲町法律事務所に移ります。

今後とも、よろしくお願いします。

平塚八重咲町法律事務所
〒254-0811
平塚市八重咲町18-25寺本ビル3階
電話0463-79-6014
FAX0463-79-6714
by ofuna-law | 2014-06-19 13:00 | これまでの事務所運営

チラシです

最終版チラシの画像です。
c0060448_116514.jpg

by ofuna-law | 2013-07-27 01:15 | これまでの事務所運営

新ホームページ

弁護士法人プロフェッションの新ホームページ,遅ればせながら,本日アップしました!

ぜひご覧ください。

弁護士法人プロフェッションの新ホームページ

この記事にコメントにより,ご意見をください。
あるいは,事務所のアドレス,info@prof-law.comでもかまいません。
色々と参考にさせていただきます。
by ofuna-law | 2013-07-18 09:41 | これまでの事務所運営
あけましておめでとうございます。

のどかな三が日を過ごせました。
カレンダーの関係上、今年は7日までお正月休みの方が多いと思います。

しかし、土曜日終日営業を1つの特長とする辻堂法律事務所は、今年初めての土曜日である1月5日(土)を休むわけにはいきません。

ちなみに、大船法律事務所は、7日(月)が仕事はじめ。

今年は、心機一転、新たなスタートの年にしたいです。

月曜日に辻堂法律事務所で法律相談をご希望の方には、普段は大船法律事務所で執務する弁護士が辻堂に来て、ご対応します。

法人名を名付けたように、真のプロフェッションでありたいです。

弁護士法人プロフェッション
大船法律事務所を今年も
辻堂法律事務所を今年から
何卒よろしくお願いします。
by ofuna-law | 2013-01-04 07:58 | これまでの事務所運営
8月に、法人名と辻堂法律事務所(支店)開設、10月営業を目指すことを決め、スタート。

まだ関係機関等届出などが未了ですが、現時点の感想を一言。

「8年前の大船法律事務所開設のときより、数倍大変」

辻堂事務所の賃貸借契約や什器備品をそろえるのは、経験があるので、スムーズ。
が、法人化の手続きなどはやったことがなく調べることが多く、かつ、事務量が多いので、非常に大変。

当初書き出したアクションリストがあります。
その後、都度、新たなやることが増え書き足しましたが、最初のものを、以下、紹介します。

*******

事務所ロゴ ホームページと印刷物用

オフィス家具
    デスク ×3  チェア×3
    相談室用テーブル チェア×6
    本棚  ×1
    収納キャビネット ×1
    3列鉄製クリアケース  ×1

パソコン関係
    パソコン ×3
    LAN
    ノートン、オフィス、一太郎、筆王

電話関係
    ビジネスフォン ×3
    留守電
    電話回線、ネット回線

事務器
    複合コピー機
    シュレッダー

接客用品
    お茶碗、茶たく ×6  急須
    お茶葉
    スリッパ ×6 スリッパ立て

電化製品
    小冷蔵庫
    電子レンジ
    掃除機
    ポット
    コーヒーメーカー

広告関係
    湘南リビング社

看板

法人設立手続き
    定款作成→認証
    登記
    従たる事務所の登記

設立後届出手続き
    横浜弁護士会
    健康保険
    厚生年金
    労働保険
    事業届
    弁護士賠償保険(組合加入)

ネット関係
    大船事務所HPリニューアル
    HP法人トップ
    HP辻堂事務所新設
    ブログ更新、改訂
    メールアドレス整備  法人の独自ドメイン取得

名刺印刷物
    辻堂事務所仮名刺
    新名刺
    封筒 大、小

掃除用品
    トイレ関係
    クイックルワイパー

事務用品
    備品一式 ×5
    テプラ

印鑑ハンコ類
    法人印
    印鑑箱

挨拶まわり

飲食物
    コーヒーなど

**********    
    
思いつくだけ書いたのですが、一つやると、次の新たなアクションが生じました。
最初のメモでおおむね全体の8~9割はカバーしていました。

この中で、数行にすぎない、法人化手続き関係が、最も大変でした。
by ofuna-law | 2012-10-25 23:38 | これまでの事務所運営

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law