湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

カテゴリ:・その他 注力分野( 4 )

医療過誤事件

今年になって立て続けに2件,医療過誤の事件で,カルテの保全をやることになりました。

医療過誤の事件は,カルテの改ざん等のおそれがあるため,裁判所に対し,カルテ保全を申立て,決定が下りると,突然病院を訪問して,カルテをコピー等して,カルテを入手します。

カルテが入手できたら,翻訳をして,協力医・参考医から意見を聴取するなどして,医療機関の過失の有無を調査します。

調査の結果,過失ありと認定できれば,民事裁判を提起して,損害賠償請求します。

弁護士費用としては,まず,カルテ保全を含めた過失の有無の事実調査のために手数料30~40万円+実費がかかります。
カルテ保全の労力時間がかかるのと,特にこちらに有利な意見を述べてもらえる協力医を探すのが非常に大変です。

調査の結果,過失ありと認められる場合は,通常の民事裁判と同様,損害賠償額に応じて着手金と報酬金をいただくことになります。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


by ofuna-law | 2010-03-08 12:26 | ・その他 注力分野

労働紛争

最近,労働法に関係する法律相談が増えていると実感しています。

大学時で労働法の単位を取りましたが,司法試験では受験していないので,知識不足の心配があります。
文献等を揃え,すぐに調べられる体制をとっています。

ふと社会保険労務士の通信講座を聴けば,労働法が勉強できるし,仕事の幅も広がるのではと気づきました。
そこで,司法試験で世話になった予備校の社労士の通信講座を購入し,受講しています。

by ofuna-law | 2009-12-01 19:00 | ・その他 注力分野

建築紛争

当事務所では,建築紛争について,専門とし,さらに伸ばしたい考えです。

その理由の一つは,私が建築そのものに親近感があるからです。
すなわち,私の父親が大工で二級建築士であり,子どものころから身近な職業として,建築そのものを肌で感じてきたからです。

by ofuna-law | 2006-08-03 13:24 | ・その他 注力分野
本日,弁護士会主催の「建築紛争についての研修会」に出ました。
講師は,横浜地裁の田中信義判事。
東京地裁の建築訴訟集中部の部総括判事であった方で,興味深いお話を伺うことができました。

要は
建築紛争というのは,非常に専門性が高く,それだけ弁護士の能力が問われること
紛争解決のためには,裁判官,弁護士,建築士が一丸となる必要があること
でした。

建築紛争については,専門分野にしたいと思っています。
というのも,祖父から代々大工であるなど,建築士を目指そうとした時期もあり,結局,今の道に進んだわけですが,そういった関係で興味があるからです。

例えば,医療過誤紛争の場合,味方になってくれる医師(協力医)の有無が,見通しを立てたり等に影響大です。
建築紛争の場合も同じだと思っています。身近に建築関係者がいることも,意見を聞きやすいなど,有利に働くと思っています。

(2017/12/25追記)
・人脈で一級建築士の知遇ができ,建築紛争のときは,意見書を作成してもらえる関係ができています。
・実務を通じ,普通ではあり得ない,黒ないし灰色の建築業者がいるところにはいて,それによる被害が確かにある実感があります。
・住宅は一生の買い物であり,こだわるがゆえの気になる問題も多く,紛争が生じやすいです。
・問題となる物件を見ると,「百聞は一見にしかず」。争点が明らかになることが多いです。
・建築に関する紛争のうち,「請負」の紛争は,民法に条文が少ない分,解釈の余地が大きいため,やりがいがあると感じています。



by ofuna-law | 2005-02-28 19:10 | ・その他 注力分野

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law