湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

カテゴリ:事例 経験 実績( 9 )

2008年12月時の記事では,執行猶予判決が取れたという面にスポットを当てていました。

確かに,弁護士の,罪を犯した人の弁護という面からは正鵠を射ています。
しかし,被害者側からすると,違和感があるでしょう。この面を強調すると,むしろ実刑が妥当という方向に流れます。

実態に沿わない判決は出ません。ただ,得てして実態がしっかりと裁判の場に提示できてないことがあります。
もし実態がしっかり提示できていなく,本人に不利に傾いていたら,粛々と,しっかり不利ではない実態を提示するのみだと思います。

・・・2008.12記事・・・

今日は,苦労して執行猶予判決をもらいました。

初犯ではあるものの,共犯者とわいせつ目的の拉致という重大事案でした。
重大でない通常の事案は,裁判官は1人で審理します。
が,本件は法定合議といって,裁判官が3人=裁判長,右陪席,左陪席で審理されました。

ご家族に,あらかじめ実刑を覚悟するよう言っていました。
ただ,共犯の中で一番消極的であったこと,数分で被害者が車から逃げ幸い実害がなかったこと,雇用先が見つかり雇用主が証人となってくれたこと,本人の反省などが勘案され,実刑を免れました。

執行猶予というのは,3年以下の懲役または禁固のケースで,酌量の余地がある場合に,1年から5年の期間を与えて(執行猶予期間と言います),実刑を免れさせる制度です。
執行猶予期間中に何もなければ,刑の言い渡しはなかったことになります。
もっとも,執行猶予期間中に再び罪を犯すと,執行猶予が取り消され,新たに犯した罪と重ねて長期間刑務所にいかなければならなくなります。

今回,執行猶予期間は4年でした。

前述のとおり執行猶予は1年から5年の範囲で付与されるのですが,通常は,執行猶予は3年がほとんどです。
最長の執行猶予5年だと,実刑すれすれであり,よく「刑務所の塀の上を歩いている」と言われます。

今回4年の執行猶予は,最長の5年ではないものの,実刑に近いことを表しています。

弁護士として,元検事ということで検察の思考手法をそれなりに知っている点が強みであり, 刑事弁護では,この点をアピールしたいと思っています。

元々刑事法が好きということもあって検事になったということを思い返しています。

刑事事件は,被告人(被疑者)の人権擁護VS真実究明(刑罰権の実現)のバランスをどう取るかが究極です。
検事も,それとは対立する刑事弁護人もやりがいがあります。
民事事件=「お金」が請求したりされたりの問題,ではないところが違い,そこはいいと思います。

なお,本件で,犯行が実現し,それにもかかわらずもし仮に執行猶予が出たとしたら,真実究明ひいては被害者保護のバランスが崩れ,本人にとって刑が軽すぎたと思います。

by ofuna-law | 2014-04-15 21:23 | 事例 経験 実績
なかなか興味深い法律相談がありました。
抽象化し守秘義務違反にならないよう抽象化して紹介します。

1 計画停電のための宿泊日程変更のキャンセル料

相談者は,宿泊5日前にホテルの宿泊予約を入れた。
5日前なのでキャンセル料は20%で,それは納得済み。
その後,計画停電に当たるため一部施設が使えないと分かった。
そのため予定を1日ずらして日程変更をした。
とはいえ,計画停電は実施されなかった。
相談者は,変更後の日程で宿泊した。
その後,家にホテルから20%のキャンセル料の請求書が届いた。
キャンセル料は支払わなければいけないか?

2 水道管の移設請求

相談者は,道路から奥まった土地に住んでいる。
50年前から,手前の他人の家の土地の地下を通って水道管が引っぱってあった。
手前の家と共同でその地下の水道管を使用してきた。
数年前に相談者の家の裏側に通路ができ裏側の道路と繋がった。
今般,手前の家は建替えし,別ルートで水道管を引いた。
なお,特に古い水道管に問題があったわけではない。
手前の家は,自分の土地の地下を通る古い水道管を使ってほしくないと考えたらしく,裏の通路の地下を通して別の水道管を引いてほしいと言ってきた。
だが,それには費用が50万円くらいかかる。
今のまま古い水道管を使うことができるか?

相談時間中に結論を出すよう色々考えました。

結論的には,

1は,支払わなくてよい。
2は,そのまま使い続けてよい。

としました。

理由ですが,

1は,動機の錯誤で,判例理論によると,本件はちゃんとしたサービスを受けられると思ったからという動機が黙示に表示されているので,キャンセル料支払の意思表示は錯誤無効(民95条)。

2は,宇奈月温泉事件という有名な判例があって,これは引湯管の事例なのですが,それと同様の事例と考え,手前の家の水道管撤去請求は,所有権の権利濫用(民法1条)。

としました。

反対の考え方もありえますよ,と釘を刺しましたが,相談者は,両方とも結論に納得してお帰りになられました。
お役に立てたかなと思えた相談でした。

by ofuna-law | 2011-09-01 14:00 | 事例 経験 実績
先日,国選弁護人を担当した事件で,被告少年に,保護観察つきですが執行猶予判決が出ました。

判決言渡中から,被告少年は涙し,喜んでおり,私もやったかいを感じ,安堵しました。

もし成人で初犯ならば執行猶予の確率が高い犯罪類型の事件。
少年は年長少年(20歳に近い年齢)で,過去に少年院に行っていました。

被疑者国選で担当が決定し,接見等弁護活動を開始。
その後,少年は鑑別所に観護措置になり,少年審判となりました。

犯情は悪く,過去に少年院に1回行っていること,保護者との関係が悪いことなどから,少年院送致の可能性が高いと感じており,ですが,反省し,少年院には絶対行きたくないと懇願することなどから,少年院送致を避けたいと思いました。

少年審判で,弁護人(付添人)は,処遇についての意見書を提出するのですが,おそらく認められない保護観察処分を求めても,裁判官から一蹴されるだけだと思い,でも,少年院送致を甘受するわけにもいきませんでした。

そこで,異例だと思うのですが,「逆送」を上申。かなり迷った末の判断。

逆送とは,事件を検察に送り返し,少年審判ではなく,成人と同様に扱い正式な刑事裁判をすることです。

少年審判だと少年院送致でおそらく1年くらいは少年院に入ると思ったため,むしろ少年審判の枠内での判断を避け,正式な刑事裁判にし,執行猶予をもらう。そうして体刑(体を刑務所等に入れて服役させる刑のこと)を避けたいと思ったのです。
年長少年であることを強調し,成人と同じ扱ってよいと上申しました。
もし,成人ならば執行猶予の確率が高いので,少年だとしても,執行猶予にもっていけると考えました。

結果,目論見どおり,逆送の決定が出ました。

ですが,必ずしも考えどおりには進みませんでした。

以後,正式裁判の公判が2回。
公判中,正式裁判の裁判官は,かなり実刑を臭わせる質問を連発。

確かに,よく考えると,狡猾な犯行であるなど,犯情は悪い。少年院に行った経験が更生に活かされていない。
聞きながら,「まずい。実刑になったら1~2年は刑務所。少年院のほうがよかったか」と不安になりました。
少年も,同感だったはず。

検察官の求刑は,懲役1年以上2年以下という不定期刑(少年であるため)。

そして,判決は,懲役1年6か月執行猶予3年保護観察つきという内容でした。

少年にとって,よい情状としては,関係の悪かった保護者がこの間関係を修復し,今後の監督を誓約したこと,反省していること,約4か月間身柄拘束を受けたこと,少年であることなどが挙げられました。

裁判官は,判決後,実刑ぎりぎりであったと説諭。

よかったです。
何より,このように結果が出ると,弁護士として,一番のやりがいを感じます。
少年の更生を願っています。

by ofuna-law | 2011-06-24 16:01 | 事例 経験 実績

交通事故示談あっせん

先日,弁護士会の交通事故センターから依頼され,交通事故の示談あっせんの仲裁人という仕事をしました。
私にとっては初めての経験でした。

交通事故の被害者側と,加害者の保険会社と,両方の間に立ち,公平な第三者ということで,裁判官のような役割をします。
具体的には,両方から個別に事情を聞き,お互い譲り合ってもらって,示談を目指します。

今回のケースでは,3回の期日をやり,結局,示談が成立しました。
もちろん,ケースによっては,お互い争いのまま,示談が不成立の場合もあります。

普段,弁護士として片方当事者の弁護ばかりしていますから,両当事者の間に立つ裁判官のような役割の仕事は,自分的にはめずらしく,貴重な体験でした。
お互いからプレッシャーを感じ,普段感じない緊張感があり,結構大変でした。
あんまり向いてないなとも感じました(笑)。

いつも両当事者の間に立つ裁判官の仕事は,やっぱり,とても大変な仕事だと思いました。板挟みになるので。

4つのブログランキングに登録しています。
この下の4つのカラフルなバナーをそれぞれクリックしていただきますと点数が入ります。
にほんブログ村 士業ブログへ ビジネスブログランキング ビジネスブログ100選
by ofuna-law | 2011-04-20 16:02 | 事例 経験 実績
先日,初めての裁判員裁判に臨みました。
事案は,無理心中の未遂(殺人未遂)でした。
判決は,懲役2年6か月執行猶予4年保護観察付きでした。
今日は,裁判員裁判を終えての雑感をメモしたいと思います。

1 被疑者国選段階から弁護人になったのですが,逮捕が6月で裁判が翌年の1月でして,その間,裁判所で公判整理手続き等が4回ほどあったのですが,被告人にとっては,長い勾留生活だったと思います。もし,裁判員裁判でなかったら,9~10月ころには判決が出ていたと思います。

2 裁判員の選任手続きに立ち会いました。弁護人は,最高5人まで,裁判員候補者を排斥できる建前になっているため,立ち振る舞いや表情や第1印象から,5名を排斥しました。なお,検察官も最高5人まで排斥できるのですが,権利を行使しませんでした。結局,男性3人,女性3人の裁判員が選任され,男女比もバランスよく,また,年齢もばらつく感じで,よかったと思います。

3 検察官の冒頭陳述のプレゼンテーションが実に手が込んでいました。証拠上やや認定が困難な事情についても冒頭陳述で詳細にプレゼンテーションがなされ,裁判員に予断を与えてしまうのではないかと心配しました。もっとも,判決では,検察官のその主張は排斥されましたが。

4 検察官が証拠一覧表という書類を裁判員に配布していました。証拠の内容についてメモが書けるようになっているものでした。裁判員にとっては有益な書類だと思い,翌日の弁護側立証の際には,まねをして弁護側証拠一覧表を作り配布しました。

5 法廷では緊張しました。特に,私が弁論の陳述をしたのですが,緊張しまくりでした。マニュアルでは,弁論の書面を見ることなく,暗記して,裁判員に語りかけるように陳述するよう書かれているのですが,そこまではできませんでした。噛んだりしたので,本番前に何回か陳述の練習をすることが必要だと思いました。
by ofuna-law | 2010-02-05 10:14 | 事例 経験 実績
1 初稿
三審制をとる日本では,第一審判決が出て,不服の場合,第二審に控訴をします。
なお,第二審判決にも不服な場合,最高裁に上告できますが,上告ができる場合は限られます。

控訴と上告を合わせて「上訴」と言います。

今回,某事件を控訴する見込みです。

実は,控訴される側(被控訴人側)で第二審をする場合は多いものの,控訴をする側(控訴人側)で第二審を経験したことが,恥ずかしながら,弁護士になって6年で初めて。
理由は,第一審で勝訴か和解が多いから。また,敗訴でも依頼者に納得いただき控訴断念のケースがありますし,そもそも,勝つ見込みのない第一審の訴訟をしないからです。

控訴状の提出を,第一審判決の送達日から2週間以内にしなければならず,早く動く必要があります。
その後,一定期間内に,控訴理由書を力を入れて起案する必要があり,引き締めねばなりません。

なお,初めてとはいえ,提出書面の起案や期日出廷等の手続は,第一審とほとんど変わらず,不安はありません。

2 2018.3補訂
初稿後,約10年経過。所属弁護士も訴訟数も増えました。
ところが,控訴の数や率は,相変わらず少なく,法人全体で年1件あるかないか。

理由は前述のとおり。第一審で勝訴か和解しており,また負け筋の訴訟をしないからです。

控訴から依頼されることも多いです。
ただ,第一審判決と訴訟記録を検討すると,なぜこの事案で提訴したのか,提訴したとしてなぜ和解しなかったのか,と疑問を持つ例がほとんど。
第二審で逆転できる場合か,または,第二審で和解が見込める場合でない限り,責任をもってお引き受けしていないのが現状です。

控訴で1番思い出深い事例を紹介します。

国家賠償請求訴訟で,第二審から弊所が担当。第一審は,他県弁護士が代理人で敗訴。
それを,第二審で逆転勝訴しました。

国家賠償請求訴訟は,国の代理人は訟務検事が多数総がかりで出廷します。かつ,国が敗訴すると税金を支出して請求額を支払うことになるため,国は原則和解しません。

弊所弁護士1人が訟務検事多数と対峙し,逆転勝訴を勝ち取りました。

控訴が少ない中,国家賠償請求訴訟もまた少ない中,それも控訴逆転勝訴も少ない中での,稀有な事例。
そのため,1番思い出深いです。

by ofuna-law | 2009-09-15 12:10 | 事例 経験 実績

鎌倉市市民法律講座

先週の金曜日,鎌倉市主催の鎌倉市市民法律講座で講演をしました。

テーマは,「刑事裁判手続と裁判員裁判制度について」でした。

今回,初めてお声がかかり,今年が初めての講師でした。
講師は,横浜弁護士会で,かつ,鎌倉市にゆかりのあることが前提のようです。
そうそうたる顔ぶれがお揃いで,やっとその中の一員になれたこと(と言っても,来年から呼ばれなくなったりするかもしれない苦笑が)に,とても感激しました。

折しも,裁判員裁判制度は,わかりやすい裁判を目指しているので,その講義としても,よりわかりやすく説明しようと努めたつもりです。

by ofuna-law | 2008-11-09 09:35 | 事例 経験 実績

裁判上の和解の解除

裁判上の和解をしたものの,相手が履行をしてくれない事案がありました。
依頼者の意向は,判決を求めたいと。

こういう場合,裁判上の和解を解除し,判決を求めます。
裁判所に,期日の再指定申立てをしたところ,申立てが通り,期日が指定されました。

依頼者の意向が叶いました。

by ofuna-law | 2006-05-31 15:37 | 事例 経験 実績

母校湘南高校での講演

母校の湘南高校で,「法律家とその仕事」というタイトルの講演をしました。
1年生の総合学習という科目だそうです。

高校時代の担任の先生が,声をかけてくれました。

裁判官,検察官,弁護士のこと,その仕事,ロースクール(新司法試験)のこと,裁判員制度についてなど。
1時間みっちり講演してきました。

興味のない生徒もいたと思いますが,みなさん静かに聞いてくれました。
質問もでたりしました。
進路の一つとして法律家という選択肢を選んでくれる生徒がいればいいなあと思いました。

貴重な経験でしたし,高校生のパワーをもらえた気がします。
by ofuna-law | 2005-03-07 17:49 | 事例 経験 実績

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law