湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

起案のスピード

起案を書くスピードは鍛えられて速くなります。

実務家の場合,まず合格前に司法試験で鍛えられます。

司法試験(旧司法試験)は,6科目で1科目2問,3時間で各4ページの答案を書きます。

答練(答案練習会)と呼ばれる模試で,3時間2通各4ページを書ききる練習を毎週のように繰り返して本番に臨みます。
その中で,速く書く力が鍛えられます。

合格後は司法研修所で鍛えられます。

司法研修所では,民事裁判,刑事裁判,検察,民事弁護,刑事弁護の5科目につき,特に集合修習では,毎週のように,時間制限のある形で,起案を書かされます。ページ数の制限はなく,たくさんのことを書く方がよいため,必死に速く多くを起案します。
こうして,速く書く能力が鍛えられます。

その後,実務で鍛えられていきます。

実務では,何月何日の期日に提出という形で,起案には締切がありますが,通常,一人の弁護士にまとめて数件~数十件という形で降りかかり,多重締切状態になります。
その分,締切のプレッシャーが過大となります。

速く書く能力を鍛えないと,逆に回らないのです。

by ofuna-law | 2007-12-05 14:24 | 仕事術 仕事感

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law