湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

検察官を辞めた理由

司法試験合格前は,弁護士になりたいと思っていました。

裁判官や検察官は,遠い存在で,現実感がありませんでした。
かっこいいイメージで弁護士になりたいという,単純な動機。

あと,資格がある自由業であり,その利点のみを片面的に都合よく見ていた。

司法試験に合格し,司法修習生になってから,進路に現実味が帯びてきました。
実務修習で,最初に検察庁に配属され,生の事件・検察の現場を見て,目から鱗が落ちました。
全く実感なかったけれど世の中にはこんなに多くの犯罪があるのか。平和に暮らせていた(る)のは,警察や検察がしっかり機能していた(る)からだと。

そこで,検察官に進路変更しました。

が,なってみると,多数の事件を並行し,一件終了しても,すぐ新しい事件が来て,常に多忙。

4年間つづけるのが精一杯。

ハードなオンのみならずそれゆえにオフがコントロールできず本末転倒という気持ちが一番。

それと,検事の仕事は4年でほとんどやりきった(ほとんどの類型の刑事事件を起訴・公判した)ことと,大組織の一員であるがゆえの様々なことについて,そのデメリットを考えたのでした。

有罪率99.9%と言われますが,検事側から見ると,重いプレッシャー(0.1%の無罪を受けるかもしれない)を絶えず負う辛さもありました。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


by ofuna-law | 2007-02-08 17:02 | プロフィール 

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law