湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

請求権の発生原因

請求権(人が人に対して何かを要求する権利)が発生する原因については,民法が定めます。
大きく分けて3つあります。

①契約②不当利得③不法行為の3つです。

①契約
「申込」と「承諾」の合致により成立する請求権の発生原因です。
例えば,売買契約,賃貸借契約,委任契約,雇用契約等があります。

売買契約で言うと,例えば,八百屋で,客が店主に「大根1本ください」と申込をして,店主が客に「いいですよ。1本100円ですよ。」と承諾することにより,客には店主に大根を請求する権利,店主には客に代金100円を請求する権利がそれぞれ発生します。

こういった契約が,請求権の発生原因として最もポピュラーです。

②不当利得
法律上の原因がなく利得が発生した場合に,利得を返せという請求権の発生原因です。
例えば,過払い金請求は,不当利得返還請求権です。グレーゾーン金利と呼ばれていた高い利息を金融会社は取っていましたが,最高裁が無効としたため,払いすぎの高い利息分は法律上の原因がなく金融会社が利得していたことになり,不当利得返還請求権が発生します。だから過払い金は返還してもらえるのです。

③不法行為
故意・過失により,人に損害を発生させた場合,その損害賠償請求権の発生原因です。
例えば,交通事故で人損・物損が発生した場合,それは前方不注視などの過失に基づいて損害を発生させた場合なので,不法行為に基づいて,損害賠償請求ができます。

ちなみに,請求権を権利者ではなく義務者の側からみたのが,弁済(支払)義務ないし債務です。

法律ブログランキングに登録しています。
この下を↓クリックしていただきますと点数が入ります。ご協力お願いします。
人気blogランキングへ
by ofuna-law | 2006-09-09 10:29 | 法律 論点 解釈

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law