湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

請求権競合

例えば,債務不履行に基づく損害賠償請求(民法415条)の要件にも該当するし,不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条)の要件にも該当するような場合。

このような場合,請求権が2つ競合するので,請求権競合と言います。

この場合,両方とも請求できるのか,片方しか請求できないのか,両方とも請求できるとしてどちらを先に請求するべきか,といような議論があり,これを「請求権競合の論点」と言います。

いろいろな学説がありますが,実務的(現実の裁判上は)には,請求権者のすきなように請求できると考えられています。

今日,学生さんから,質問があったので,ブログのネタにしてしまいました。
by ofuna-law | 2006-02-02 13:29 | 法律 論点 解釈

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law