大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所 某辯護士の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ~大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町~ の法律事務所を置く「弁護士法人プロフェッション」の弁護士某が仕事や出来事や趣味などを時々弁ずるブログ

新幹線変形ロボシンカリオン-大人の事情やっぱり

先日「シンカリオン(の大人の事情)」を書きましたが、話が進むにつれ、そのレベルが驚異です。

基本的に1~2話進むと新しいシンカリオンが登場するペース。
山形新幹線つばさや、東海道新幹線のN700A系のシンカリオンも登場しました。

元々、トミカが、プラレールとして、変形するシンカリオンの玩具を発売(プラレールとしても走り、変形もできてロボットとして遊べます)。
1~2話ごとの新型登場(一気に沢山登場しない)が肝。
皆、一度買うと買い続けたくなる心理に陥ると思うのです。

番組は、タカラトミーとJR東日本がメインで企画。そこに新幹線を走らせるJR各社が協力しています(前回なぜJR東海の新幹線が出ないのか疑問と記しましたが、当初は協力していなかった模様。トップ交代等で後に協力に転じたとのこと)。

シンカリオンの基地が大宮鉄道博物館の地下にある設定のため、皆、鉄道博物館自体に行きたくなります。

500系新幹線に、タイプエヴァといって、外内装を「エヴァンゲリオン」にした実物があるのですが、アニメにも登場。
さらに、北海道新幹線のシンカリオンを運転するのが「初音ミク」で、これが前回登場。これはさすがに驚きました。

つまり、このアニメを起点に、話がエヴァンゲリオンや初音ミクへとのびていくのです。知らない子どもが知るきっかけになりますし、例えば、劇中挿入歌に初音ミクの曲が使われて何の不思議もない前提が生まれました。

外国で放送されれば、実際に日本に行き、新幹線に乗ったり鉄道博物館に寄ったりしたいと思うでしょうし、プラレールも買ったり、ひいては、エヴァンゲリオンや初音ミクへの興味をも誘うと思うのです。

そうなると、日本のコンテンツ産業的にも、インフラとしての新幹線の海外輸出的にも、宣伝になるという、深遠な大人の事情があると疑わずにはいられません。

そんな事情含みで大人も色々と興味深いので、是非一度ご視聴を。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください



by ofuna-law | 2018-04-25 07:15 | 今の関心事

湘南に3つ ~大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町~ の法律事務所を置く「弁護士法人プロフェッション」の弁護士某が仕事や出来事や趣味などを時々弁ずるブログ


by prof-law