湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

05.7.19最高裁判決

昨日,債務整理に関する最高裁判決がありました。

弁護士が債務整理を引き受けた場合,債権者(社)に対して取引履歴の開示を求めます。
債権者(社)は,それに応じて,取引履歴を開示します。
弁護士は,それを見て利息制限法の制限利息に引き直して計算して分割弁済の和解の提案をします。

ところが,債権者(社)も会社によっては,取引履歴の全面開示を渋るところがあります。
特に,取引履歴の全面開示をした場合,利息制限法に引き直して計算すると,過払いになり,返金しなければならないことになるような場合,債権者(社)は損をしますので,全面開示を渋るのです。

キャスコという消費者金融会社が,取引履歴の全面開示を拒否したことに対し,争ったことで下されたのが今回の最高裁判決です。
この最高裁判決は,債権者(社)には,取引履歴の全面開示をするべき法的義務があるという判断をしました。
債務者にとっては非常に有益な判決です。

他の消費者金融会社も,この最高裁判決の判断に従い,全面開示を渋るようなことはしないようにしてほしいですし,渋ってはならないと思います。
by ofuna-law | 2005-07-20 23:16 | ・債務整理 過払い

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law