湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表某の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

交通事故示談あっせん

先日,弁護士会の交通事故センターから依頼され,交通事故の示談あっせんの仲裁人という仕事をしました。
初めての経験でした。

交通事故の被害者側と,加害者の保険会社と,両方の間に立ち,公平な第三者ということで,裁判官のような役割をします。
具体的には,両方から個別に事情を聞き,お互い譲り合ってもらって,示談を目指します。

今回のケースでは,3回の期日をやり,結局,示談が成立しました。
もちろん,ケースによっては,お互い争いのまま,示談が不成立の場合もあります。

普段,弁護士として片方当事者の弁護ばかりしていますから,両当事者の間に立つ裁判官のような役割の仕事は,貴重な体験でした。
普段感じない緊張感がありました。

いつも両当事者の間に立つ裁判官の仕事は,やっぱり大変だと思いました。板挟みになるので。


by ofuna-law | 2011-04-20 16:02 | 事例 経験 実績

「弁護士法人プロフェッション」代表某が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law