湘南|大船と辻堂(藤沢・茅ヶ崎)と平塚|3つ法律事務所がある弁護士法人代表の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

「弁護士法人プロフェッション」代表が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり

司法試験合格前は,弁護士になりたいと思っていました。

裁判官や検察官は,存在が遠く,現実感がありませんでした。
弁護士は,資格がある自由業であり,その利点のみを片面的に都合よく見ていました。

司法試験に合格し,司法修習生になると,進路に現実味が帯びてきました。
実務修習で,最初に検察庁に配属され,生の事件・検察の現場を見て,目から鱗が落ちました。

全く実感なかったけれど,世の中にはこんなに多くの犯罪があるのか。
これまで平和に暮らせていた(る)のは,警察や検察がしっかり機能していた(る)からだと。

そこで,司法修習中に検察官に進路変更しました。

が,なってみると,多数の事件を並行し,一件終了しても,すぐ新しい事件が来て,常に多忙。
ハードなオンのみならずそれゆえにオフがコントロールできず本末転倒という事態が常態化しました。

検事は4年でほとんどやりきったこと(ほとんどの類型の刑事事件を起訴・公判した),大組織の一員であるがゆえの様々なデメリットを考え,辞めることにしました。
有罪率99.9%と言われますが,検事側から見ると,重いプレッシャー(0.1%の無罪を受けるかもしれない)を絶えず負う辛さもありました。

振り返って,司法修習中に,配属検察庁の次席検事(同庁ナンバー2)から,言われた言葉を思い出しました。
「検事になるには,性格がやさしすぎる」
それが,犯人と対峙するときのものなのか,検察という組織内で働く上でのもの,出世するためのものなのか,その他のものなのかは,今も分かりません。

また,東京地検在職中に,配属部の部長(同庁ナンバー10以内)から,言われた言葉もあります。
それは,納会のゴルフコンペでたまたま同じ組でラウンドした翌日,部長室に一人呼ばれ,「何かやらかしたか」と焦りながら入室したときの一言です。
「もっと上司に(顔を覚えてもらうよう)アピールしなさい」
配属されて約1年弱もあったのに,ゴルフコンペで初めて私の顔と名前を知った部長からの一言で,見込みがなければ掛けてもらない言葉だと思い,感動した記憶があります。
が,そういう必要なことをやっていないと改めて知らしめられました。

要は,検事に向いていなかったのだと思います。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください

# by ofuna-law | 2021-01-30 17:13 | プロフィール 
ノセボ効果という言葉を知った。

ノセボ効果とは、「薬を飲む」という行為によって、その薬の成分とは無関係な副作用の9割について、自分が気にしている(気になる)ことによって、引き起こされてしまう効果のことをいう。

本物の薬ではなく実際には成分が入っていない偽薬(プラセボ)を飲んだときに病気の症状が改善するのを、プラセボ効果という。

ノセボ効果とはプラセボ効果の反対の現象ということになる。
日本語では、ノセボ効果が反偽薬効果、プラセボ効果が偽薬効果と訳される。

実は、プラセボ効果を受けやすい(騙されやすい)。
そこで、逆に、信じてプラセボ効果を逆手に取るよう、前向きに捉えている。
しかし、ノセボ効果には、気をつけなければと思った。

薬は、「薬名」と「添付文書」にて、ネットのワード検索すると、医療従事者向けの詳細かつ専門的な副作用等の情報提供書(添付文書)をダウンロードできる。

服用する薬の添付文書にはない副作用につき、「薬を飲む」ことによって副作用のような効果を体感したら、それはノセボ効果なのだと考えて、気のせいだと言い聞かせるのが肝心だと思った。

それと、偽薬につき、「こういう効果がありますよ」と言い、かつ、「副作用としてこういう副作用もありますよ」(とはいえ、その副作用は、症状の改善に繋がるような前向きな副作用にする)と付言してくれたら、人によっては、プラセボ効果とノセボ効果を一挙両得し、元も偽薬(例えば、人畜無害な成分の錠剤)なので、一石三鳥なのではなかろうか。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください



# by ofuna-law | 2021-01-18 08:07 | コラム

令和3年の抱負

コロナ含め世情あわただしい中、抱負など浮かばないというのが本音ではあります。

元々、将来が相応に安定し予測できるからこそ、抱負を思う。
現状がそうでないから、抱負を書くことに違和感を覚えるのでしょう。

抱負を書くに当たり、23歳の頃、バックバックを背負い彷徨ったインドにて、仲良くなった現地の子に「将来の夢は?」と聞くと、彼が「ない」とはっきり答えたこと。そのやりとりが、子どもは夢を持つものという先入観があった私にとって大変な衝撃だったことを思い出しました。
彼はカースト制度の中にも入れない階層のアウトカーストでした。
当時のインドでは、その子は一生アウトカーストであって、夢など考えようがなかったのでしょう。

話を本題に戻します。

本年1月、弊法人に新人弁護士1名と新人事務員1名が加入し、新たな体制で新たな年を迎えました。
そこでまずは
(抱負1)新体制を早く軌道にのせ、全体が馴染むよう最善を尽くしたいと思います。

一方で、徐々に拡大した組織(弊法人)を少しずつアップデートしていましたが、とうとうそれでは対応できない転換点が来たと感じます。
そこで二番目は
(抱負2)組織の最適化(ビッグマイナーチェンジ)に力を尽くしたいと思います。

最後に個人的には、昨年は、特にスケジュールと私の心の両方が慌ただしくなりがちでした。
ストレスに対する脆弱性は、私の欠点です。
慌ただしくしないこと、ストレスを過剰にしないこと、そのためには、自制し、よく休み、よく寝ることなどが必要です。
そこで3番目は
(抱負3)つねに、ゆったりと余裕をもち、冷静で平常心、すなわち、“泰然自若”でありたいと思います。

続くか自信がないのですが、年明けから15年ぶりに、ゴルフを再開することにしました。
ゴルフの練習やラウンドをするには、スケジュールと心が慌ただしくてはできません。
逆に、それができる状態にあることは、スケジュールと心が、ゆったりと余裕があるという目安だと思っています。

昨年は、コロナ禍のため、趣味の旅行が全くできませんでした。
早く安心して旅行のできる世の中になってほしいと切に願います。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


# by ofuna-law | 2021-01-11 16:35 | 仕事術 仕事感

74期予定修習生募集中

74期予定修習生の新人弁護士採用予定です。

望む人材は、地元ゆかりで向上心が高い方。
湘南地域密着型の弁護士法人ゆえです。

法人の特徴は、土地勘がある地元湘南地域内に3つ拠点(事務所)がある三位一体組織ということ。

よく今後事務所を増やすのかと問われますが、増やそうとは考えていません。
既に、湘南地域内の東端(大船)・中央(辻堂)・西端(平塚)にバランスよく拠点があるからです。

3事務所の弁護士数を少しずつ増やし、各事務所の層を厚く、三位一体の組織力を強化することを第一目標にしています。

現在の弁護士数は、2020年5月現在、大船に2名、辻堂に2名、平塚に3名と、総勢7名。

新人弁護士の指導体制は、特に1年目は代表直下で執務という、徒弟的なもの。起案は全て添削。法律相談、打合せ、出廷等、基本は同行。
これまで勤務弁護士9人を指導した経験からの指導体制です。

注意点は、代表の常駐事務所が、従事務所平塚であること。
そのため、「指導中」の執務場所が平塚となります。指導後は、希望に応じた事務所へ配属予定です。

事務所の営業日は、その平塚は日曜営業(金土休)。
なお、大船は平日営業(土日休)。辻堂は土曜営業(日月休)です。

法人全体でみると、3事務所どこかが毎日営業しています。

ベッドタウン性が高い平塚や辻堂は、土日相談のニーズが高いこと。
また、いつ電話をかけても、営業する事務所に転送され、全日応対可能な組織体制が理想だと思っているからです。

就職活動生に老婆心ながら、一言。
募集弁護士事務所でクライアント向けに「土日対応可」を標榜しているところは多いのでは?

この場合、本来定休日である土日に、クライアントの要望で休日出勤し、土日対応するという、そういう業界実態があります。

弊法人は、この業界実態に従うと、ライフワークバランスが取れないため、むしろ辻堂と平塚については休日に営業しつつ、個々の弁護士は所属事務所の定休日に従い週休2日制を確保し、休日出勤及び休日臨時対応は禁止し、ライフワークバランスを図っています。

所属弁護士皆、向上心が高く個性豊か。
自由闊達な雰囲気で、個々の力を磨き、組織力を強化しています。
具体的には、週一回3事務所をネット(Microsoft teams)でつないだ全体ミーティング、月1回の全弁護士懇談会(勉強会兼食事会)、先輩弁護士と事務所を跨ぎ1~2件程度ペアを組み案件を共同遂行することなどです。

合格後に、履歴書と自己PR文(自由書式で)をメール又は平塚事務所まで郵送ください。発送先メールアドレスは、電話にてお問い合わせください。

最初は、事務所訪問からとなります。

気軽に受け付け、夕方で調整して面接、その後当日出席可能な弁護士や事務員と一緒に食事をして和む機会を設けています。

その後、何度か来訪してもらい、気心が分かってから採用しています。
そうではないまま入所し、思ったのと違うというのは、お互いにとって、よくないからです。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください

# by ofuna-law | 2020-05-24 08:00 | 事務所案内 

法曹三者の色と意味

判事(裁判官)は,紫色で尊厳の意味。
検事(検察官)は,赤色で赤誠(偽りのない心)の意味。
弁護士は,白色で潔白の意味。

元々は,明治23年に勅令で判事と検事(同時に書記官も)の法服と帽(法冠)が制定され,明治26年に弁護士という職業が誕生すると,司法省令で弁護士にも法服と職帽が定められ,このとき,法曹三者は法廷で,法服・法冠を着用するようになりました。
その法服・法冠の生地や刺繍等の色が,裁判官が紫,判事が赤,弁護士が白だったのが起源のようです。

法服等は,戦後に最高裁判所が発足し,最高裁判所規則で,現在の裁判官の法服が制定され,法冠の着用が廃止。
検事と弁護士の法服等はなくなりました。

この3色は,現在の司法修習生のバッチの色に受け継がれています。
司法修習生のバッチは,JUDGEやJUSTICEの「J」の文字をモチーフに,紫,赤,白の三色で構成されています。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


# by ofuna-law | 2020-03-01 15:48 | 法曹 裁判官・検事・弁護士 
NHKスペシャル「認知症の第一人者が認知症になった」を見た。

日本で初めて認知症の早期診断を可能にした精神科医長谷川和夫先生(91)。
長谷川式スケール(HDS-R)を開発された。

NHKスペシャルには「自分の姿を見せることで、認知症とは何かを伝えたい」と出演されたという。

奥様と寄り添われる生活。
奥様がピアノで弾かれる「悲愴」を聞くお姿。
何度も出てくる、「日々少なくなる生きている上での『確かさ』」という発言。
娘さんの葛藤。
家族の負担。
ご本人が感じる強い孤独感。
かつて先輩医師に言われた「君が認知症になって初めて君の研究は完成する」という言葉。

何の涙か自分でも説明できない涙がうるうると終始止まらなかった。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


# by ofuna-law | 2020-01-16 21:27 | コラム

初冠雪が消え

令和元年の仕事納めの今日。

今年は公私なかなかの一年で、こういう年が毎年続けばと願います。
世間は災害等多い一年で、来年は平穏を願いたいです。

不惑を超え知命に近づき、人生は山あり谷あり、季節や天気のようと実感します。
普通が一番。

数日前、伊勢原の大山も初冠雪でしたが、だいぶ消えてしまいました。
暖冬の予報ですが、そうとも言えないのでは?と考えるのも年の功でしょうか。

遠くに見えるのが、消えかけた大山の初冠雪です。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


初冠雪が消え_c0060448_09591006.jpg

# by ofuna-law | 2019-12-26 08:48 | コラム
供述調書や契約書や公正証書を「巻く」といいます。
要するに、作成するということです。
長年、語源が疑問で、このたび漸く調べてみましたが、よくわかりません。

契約書を製本するときに背表紙にテープを巻くからという説は、供述調書は、ステープラーで綴じるだけ。公正証書も、やはりステープラーで綴じるだけ。
よって、この説は違うと思います。

供述調書のみについていえば、被疑者を煙に巻いて署名押印をさせてしまう(もちろん違法です)の「煙に巻く」が語源との説がありそうです。契約書ならば、例えば、立場が強い側が弱い側を煙に巻いて契約締結してしまうことはあり得なくもないでしょう(これも不適法で契約無効となりえます)。
しかし、少なくとも公証人の公正証書は、正確無比なので、煙に巻いて作成することはありません。
よって、この説もやや違うと思います。

テレビなどで、早く収録を終わらたいときに「巻きでお願いします」という業界用語があります。
要するに、時間内に迅速に切り上げるということですが、供述調書、契約調書、公正証書も、時間内に迅速にまとめ上げるという意味で、この用例に近い感覚はあります。
ただ、業界用語の巻くは、元々収録テープのからみで、時間がないとテープ残量との関係で収録しきれないから、テープを巻ける時間内に終わらせるという意味と聞いたことがあります。
もし収録テープの巻きが語源なら、供述調書等には当てはまらないことになります。

古来、こういった書面は、巻物で作成していました。
「手紙を巻く」という古語があって、今も「巻き手紙セット」というのが買えます。巻物で手紙を出せます。
巻物を使わなくなった現代にも、この使い方が残って、供述調書や契約書や公正証書は、「巻く」というのではないでしょうか。
調べた限りでも、この説が通説のようでした。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


# by ofuna-law | 2019-11-22 08:31 | 法律 論点 解釈
1 2007.8記事(大船法律事務所開設3年後)

取扱業務は広く法律問題一般です。
依頼には波があり、それにより主力業務数も変わります。
最近は以下のとおりです。
① クレサラ(債務整理、自己破産、個人再生)
② 交通事故
③ 損害賠償(傷害事件、不貞問題、名誉毀損、慰謝料請求等)
④ 民事(債権回収、不動産関係等)
⑤ 家事(離婚、相続、遺言、成年後見等)
⑥ 刑事(国選・私選弁護、少年事件)

専門化のため勉強しているのが、建築紛争、医療過誤、行政訴訟、租税訴訟。
顧問先募集中です。顧問契約では、日常的相談は顧問料に含まれ、他の案件に優先して顧問先の仕事をします。

2 2012.10記事(弁護士法人プロフェッションに法人化した当時)

依頼は想像以上に多種多様。「人の人生」という視点から書き直します。

まず、人は生まれます。生まれるには、親がいます。
親子関係、親同士、親戚同士の問題、身内の問題は数えきれません。

次に、人は成長していけば、また問題が生じえます。
学校生活の問題、例えば、いじめ。進学の問題、例えば、進学失敗による挫折が絡む暴力。
就職、職場の問題、セクハラ、最近多いのがパワハラ。それに解雇問題。人生を左右する大きな問題です。
生活していれば、借金もします。借金はクレサラ相談になります。
犯罪を起こしてしまったり、逆に、犯罪の被害者となったり。犯罪は、刑事事件や損害賠償事件となります。

人生の転機といえば、結婚でしょう。出会いの場面では、出会い系サイトの被害。婚活をめぐる問題。婚活相手がストーカーとなったりもします。
晴れて結婚。結婚式でプロカメラマンが画像を全部消してしまったという事案もありました。
結婚すれば、不倫、離婚の可能性もあります。統計上、結婚したカップルの4分の1が離婚。離婚は、法律問題を多数含みます。

ある人は、仕事面で、起業したり、組織内で経営者や経営陣となっていきます。商法、手形、保証。最近はコンプライアンス問題。企業間同士の契約上のトラブル、取引上のトラブル、債権回収。組織運営上のトラブル、労務問題。
最後には、倒産もありえます。

そして、人は少しずつ死に近づきます。病気なども生じます。認知症のご老人の財産管理は成年後見事件です。自分の財産はどうなるのでしょう。相続です。自分の財産を授けたい人がいれば、遺言を作成します。

これら全て取扱業務。

専門的分野は、建築トラブル、医療過誤です。
行政、税務訴訟は、5年前は勉強していましたが、需要がなく取り扱わなくなりました。
顧問契約は、もっと力を入れたいと思っています。

3 2014.1記事(法人化後,2013.1に従たる事務所の辻堂法律事務所開設1年後)

現在は業務を4分の1ずつに分けると説明しやすいです。すなわち、業務を4分したら
① 交通事故
② 離婚等男女問題
③ 相続
④ その他色々(クレサラ、不動産、契約、建築、労働、医療過誤、私選弁護)
となります。

以前は多かったクレサラの過払い請求は殆ど減りました。
弁護士特約の隆盛により交通事故事件の依頼が増加。離婚等男女問題は昔からコンスタントにあります。相続は高齢化の影響で漸増しています。

大船と辻堂では、一駅挟んだだけの距離ですが、お客様の年齢層が違うなど地域性の違いが、事務所をもう一つ設けて初めて分かりました。

4 2019.11現在(2014.6に従たる事務所の平塚八重咲町法律事務所開設5年後)

平塚にも事務所を設けて確信したのが、同じ湘南内でも、一駅ずつ挟んだ距離なのに、お客様の年齢層や案件内容に地域差があること。
そのため、事務所ごとの業務割合を書くと違いが出ますが、この記事では、3事務所全体すなわち法人の取扱業務を書きます。

法人全体では、上記3の「交通事故」「離婚等男女問題」「相続」「その他」がやはり4分の1ずつ。

このうち「相続」がより漸増しています。
「その他」の中では、15周年を迎え、3事務所となって弁護士も年々増えたことなどから、顧問先が増え、企業法務、使用者側労働問題、契約書チェック等が、開業当初に比べ格段に増加。
医療過誤も、現在、大きな医療事故被害者案件を数件取り扱い、訴訟まで至っている案件も数件と、専門分野のひとつになりました。
クレサラは、過払いはまずなく、任意整理も減り、一方、時効援用が増えています。現在クレサラの依頼といえば、自己破産と個人再生です。

法人として力を入れているのは、顧問契約、労働、医療過誤。力を入れはじめているのが、知財です。
個人的には、刑事事件及び少年事件に拘って取り組んでいます。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


# by ofuna-law | 2019-11-08 16:19 | 取扱業務

15周年

平成16(2004)年10月に独立し、大船法律事務所を開業しました。
この度、お陰様をもちまして、15周年を迎え、16年目に入りました。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

平成24(2012)年10月、法人化し、法人名は弁護士法人プロフェッションとしました。 
プロフェッションとは、人のために尽くす聖職という意味です。
平成9(1997)年4月に司法修習生になった初めに、教官から「法曹はプロフェッションたれ」と言われたときの初心を忘れないためです。

現在、総員14名(うち弁護士7名)、3事務所体制となり、大船法律事務所及び辻堂法律事務所に弁護士各2名、平塚八重咲町法律事務所に弁護士3名が所属しております。

個々及び組織の実力の向上が永遠の目標です。
今は、少しずつ弁護士を増やし、3事務所に弁護士各3名、具体的には、大船と辻堂も弁護士を3名ずつにすることを目指しています。
ただ、新人を育てながらの皆での成長にこだわりがあるため、少しずつとならざるを得ません。

15周年の間、順調なことばかりではありませんでした。 

お客様アンケートでは、開業当初、「上から目線」というご指摘に泣きました。元検事ゆえのスタイルやサービス精神のなさ、弁護士経験のない若さ(当時31歳)というものがあったと反省しております。

その後、それを直そうとして逆に、相談者及び依頼者側寄りになりすぎ、今から考えると、相手方、相手方弁護士、裁判所等の関係者に厳しく当たっていた時期があり、無理しすぎていたと反省しております。

急拡大は急降下を生むという言葉があります。
法人化して3事務所体制になった平成26年は、八方塞がりともいえる危機がありました。
このときは、所属弁護士や所員や周囲に本当に助けられて今があるので、そのご恩は一生忘れてはいけないと思っています。

今は「泰然自若」を旨に、これまでの経験を生かし、また向上心を持ち続け、初心を忘れず、感謝を忘れず、地道に、今やるべきことに最善を尽くしていきたいと思っております。

ブログランキングに参加しています
記事が「いいね」の場合下記バナーのクリックご協力ください


# by ofuna-law | 2019-10-25 09:15 | これまでの事務所運営

「弁護士法人プロフェッション」代表が時々弁ずるブログ|大船駅(鎌倉市)・辻堂駅(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚駅各3分|夜間休日相談あり


by prof-law