「ほっ」と。キャンペーン

大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所の某弁護士の述懐

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ

<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

70期の皆様、合格おめでとうございます。
弁護士法人プロフェッションでは、新人弁護士を募集しています。

日弁連求人募集サイト(https://www.bengoshikai.jp/kyujin/弁護士法人プロフェッション)

湘南地域密着型事務所のため、基本的に地元出身の修習生を募集しています。
所属弁護士達の小中高大院母校の後輩ですと、より望ましいですが(地元や先輩から受けた恩を直に返せますので)、もちろん、そうではなくても、一番は人柄を最重視します。

まずは、ご連絡ください。事務所訪問を気軽に受け付けており、夕方で調整してその後食事をして和む機会を設けるようにしています。

他薦も、何卒お願い申し上げます。

by ofuna-law | 2016-10-18 17:28 | 事務所案内 

漫画「あさひなぐ」

いわゆるスポ根漫画だと、古くはキャプテンとか、柔道部物語など、数々の定番を読んできたけれども、最近一気に読破した「あさひなぐ」は、中でも秀逸な一作である。

主人公は女子高生。
打ち込む部活は、薙刀(なぎなた)。

この点のみで、スポ根でも格別な感じが匂う。

努力や友情や敗北からの成長など、あらゆるスポ根漫画の要素くまなく、ちょいちょい笑いあり、たまに悔しさや感動で泣かされたり、要は、引き込む力がある。

この種ストーリーで、ありがちなのは、日常生活における主人公の負の要素が、部活動では最強の要素となって活躍するというパターン。しかし、この「あさひなぐ」では、このパターン該当性はほとんどない。

該当するとすれば、ひたむきに努力を継続できる、というヒロインの性格。努力というのは、難しいけど心がけがあればできるものなので、そこにスポットが当たるのはとてもよいし、そこ、もっと言うと、単に努力だけでなく、その継続との点に、着目したのは稀有ではないか。

一番興味深かった点は、指導者から教えられることなのだか、対戦において、「先の先を制する(読む)=主導権を握る」こと。

主人公の受動的思考からくる対戦での受動的姿勢や態度のためゆえ、強く指導され、そして、それを少しずつ少しずつ、試行錯誤して身につけていくのだか、いずれも共感の一言に尽きる。

種目やルールなど全然違えど、仕事柄、相手があるという面では同じ。ゆえに、同種の心構えが必要とされることが、有形無形に絡んで、身につまされるのだと思う。

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです

  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by ofuna-law | 2016-10-13 21:55 | 趣味 オフ 癒し
東海道線の湘南地域を走る特急が、踊り子とビュー踊り子。

首都圏から伊豆(終着は下田)を繋ぐ。
横浜駅に止まってから以西は、大船も藤沢も辻堂も茅ヶ崎も平塚も、止まらない。要は、湘南をすっとばす特急。

昼間は一時間に一本くらいで、踊り子かビューか、どちらかが通る(土日は臨時便が出るから便がもう少し多い )。

通過する踊り子を窓の中を見ると、座席を回転させてボックスにし、窓側にお弁当や缶ビールなんかが見えて、確実なる伊豆の観光客がわんさと乗っている。平日にもかかわらずである。

乗客は全員楽しそうに伊豆しか見ずにまっしぐら。

駅で待つ客は、それにしても平日なのに観光客って多いんだなと思いながら、皆見ている(はず)。

で、心だけは伊豆へ行き、温泉へひたるが、現実は仕事。乗りたくとも、湘南付近はひと駅たりとも止まらないから、ふらりとも飛び乗れないのである。決して。

ちなみに、普通の踊り子とビュー踊り子の違いは、ビュー踊り子のほうが全体的に窓の面積が普通の踊り子より断然多くて、展望を楽しめるようになっており、特に一番前に一度は乗ってみたい、そんな感じがする車両だ。

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです

  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by ofuna-law | 2016-10-11 11:48 | 地域の出来事 歴史 研究等
ドイツのある哲学者が、人の価値観を6類型に分類してます。

理論、経済、審美、宗教、権力、社会。以上の6つ。

参考)
理論型 - 理論が通すことや真理に価値をおく。論理的に理解し真理を追究。
経済型 - 金銭的・社会的地位に価値をおく。利己的・経済的観点から物事を捉える。
審美型 - 美的なもの、楽しいことに価値をおく。物事を感情を通して考える。
宗教型 - 神を崇め、信仰に価値をおく。博愛的・道徳的に人生を見つめ生きようとする。
権力型 - 他人を意のまま従わせることに価値をおく。権力掌握に満足感を覚える。
社会型 - 社会奉仕や福祉にかかわることに価値をおく。人の役に立つ行動をとる。

当たらずしも遠からずか。

例えば、ヒトラーは、絵描きになれず「審美」を捨て、極端な「権力」に走った点、バランスが非常に悪い典型。

自分に当てはめると、「宗教」と政治(「権力」のひとつとして)は全くない(あえて避けている。法律家は法を解釈するのが本分だと思うので、法律を作る側の政治とは似て非なるものと思っている)。
仕事では、人の役に立つという意味の「社会」と紛争を解決するために「理論」に価値を置いている。
特にオフでは、理想として審美を一番としたい。現実に欠けているのを自覚していますから。

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです
  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by ofuna-law | 2016-10-07 08:41 | プロフィール 

開業12周年をむかえて

平成16年10月、大船に事務所を開いたので、ちょうど12周年になった。

毎日の食事を詳しく思い出せないように、過去の仕事もそうで、でも確実に血肉になっていて、現在がある。

開業当初に12年後など想像つかず、そもそも1年後すら見当つかずだった。愚直に一歩ずつ前へ進むようにしてきた。

折しも、先日神社でおみくじを引いたら、過去や将来を考えるのではなくて今に集中するようにと書いてあった。

それに、最近はやりのマインドフルネスとやらも、同じといえば同じで、今に集中(呼吸に意識を集中して雑念を払うとリラックスできるとのこと)と言う。

ちなみに、人は関心があることが目に入ってくるそうだから、要は、ちょうどこういうことに関心があるともいえる。

もっとも、よく考えたとしても(おそらく思い出せないほどの昔から)、今やるべきこと、今やりたいこと、今しかやれないことを、感じるままにきっちりやっていくのが一番だと思っている。

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです

  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by ofuna-law | 2016-10-05 08:42

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ


by prof-law