大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所 某辯護士の「弁」

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ~大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町~ の法律事務所を置く「弁護士法人プロフェッション」の弁護士某が仕事や出来事や趣味などを時々弁ずるブログ

<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

被疑者は,起訴後,「被告人」に変わります。
被疑者段階で勾留されていれば,起訴後も原則として勾留は続きます。
そのため,とりあえず勾留から解放させる制度が,保釈です。

保釈申請をすると,裁判所は保釈の許可要件を判断しつつ,逃亡しない担保のため,保釈金を決めます。その保釈金を納めることで,実際に保釈されます。

薬物犯で再犯のため実刑事案の被告人から,保釈を頼まれ,厳しいとは思ったのですが,主として服役準備を理由として保釈申請をしたところ,保釈金300万円で保釈決定が出たことがあります。

被告人の親族が300万円を工面し,その方と一緒に裁判所に行き,保釈金を納めました。

保釈されると,在宅で公判が進み,判決で実刑が出たら,収監という流れになります。

経験的に,執行猶予判決の確実性が高ければ高いほど,保釈は認められ,逆に,実刑の可能性が高ければ高いほど,保釈は認められにくくなる傾向があります。

ただ,実刑事案でも,服役準備等の理由により,保釈が認められることがあり,ただし,その場合は,保釈金は高額となることが分かりました。

by ofuna-law | 2011-12-01 15:00 | ・刑事事件 裁判員裁判

湘南に3つ ~大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町~ の法律事務所を置く「弁護士法人プロフェッション」の弁護士某が仕事や出来事や趣味などを時々弁ずるブログ


by prof-law