大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所の某弁護士の述懐

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ

<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先日,私が国選弁護人を担当した事件で,被告少年に,横浜地裁で,保護観察つきですが執行猶予判決が出ました。

判決言渡中から,被告少年は涙し,喜んでおり,私もやったかいを感じ,安堵しました。

もし成人で初犯ならば執行猶予の確率が高い犯罪類型の事件。
少年は年長少年(20歳に近い年齢)で,過去に1回少年院に行っていました。

私は今年2月に被疑者国選でこの少年の担当が決定し,接見等弁護活動を開始。
その後,少年は鑑別所に観護措置になり,4月に少年審判となりました。

犯情は悪く,過去に少年院に1回行っていること,保護者との関係が悪いことなどから,私は,少年院送致の可能性がとても高いと感じており,ですが,反省し,とにかく少年院には絶対行きたくないと懇願することなどから,できる限り少年院送致を避けたいと思いました。

少年審判で,弁護人(付添人)は,処遇についての意見書を提出するのですが,おそらく認められない保護観察処分を求めたところで,裁判官から軽く一蹴されるだけだと思い,でも,少年院送致を甘受するわけにもいきませんでした。

そこで,おそらく異例だと思うのですが,「逆送」を上申。かなり迷った結果の判断。

逆送というのは,一旦事件を検察に送り返し,少年審判ではなく,成人と同様に扱って正式な刑事裁判をするということです。
私としては,少年審判だと少年院送致でおそらく1年くらいは少年院に入ると思ったため,むしろ少年審判の枠内での判断を避け,正式な刑事裁判にもって行き,執行猶予をもらう。そうして体刑(体を刑務所等に入れて服役させる刑のこと)を避けたいと思ったのです。
ことに年長少年であることを強調し,成人と同じ扱いをするべきだと上申しました。
そのときは,もし,成人ならば執行猶予の確率が高い事案なので,それが少年だとしても,執行猶予にもっていけるのではないかと考えました。

結果,目論見どおり,逆送の決定が出ました。

ですが,必ずしも私の考えどおりにことは進みませんでした。

5月下旬から6月上旬にかけて,正式裁判の公判が2回。
公判中,正式裁判の裁判官は,被告人質問で,かなり実刑を臭わせる質問を連発。

確かに,よく考えると,狡猾な犯行であるなど,犯情は悪い。少年院に行った経験が更生に活かされていない。
聞きながら,「まずい。実刑になったら1~2年は刑務所だ。少年院のほうがよかったか」などと不安になりました。
少年も,同感だったはず。
もちろん,私の目論見は,少年によく説明し納得していたのですが,絶対執行猶予だとは断言はしていません。

検察官の求刑は,懲役1年以上2年以下という不定期刑(少年であるため)。

そして,先日,判決。

結果,懲役1年6か月執行猶予3年保護観察つきという内容でした。

少年にとって,よい情状としては,関係の悪かった保護者がこの間関係を修復し,今後の監督を制約したこと,反省していること,約4か月間身柄拘束を受けたこと,少年であることなどが挙げられました。

裁判官は,判決後,実刑ぎりぎりであったと説諭。

よかったです。
何より,このように執行猶予判決が出たり,例えば勝訴判決がでるなど,いい結果が出ると,弁護士として,一番のやりがいを感じます。
この少年には頑張って更生してほしいと願っています。

4つのブログランキングに登録しています。
この下の4つのカラフルなバナーをそれぞれクリックしていただきますと点数が入ります。
にほんブログ村 士業ブログへ ビジネスブログランキング ビジネスブログ100選
by ofuna-law | 2011-06-24 16:01 | 事例 経験 実績

鎌倉あじさい散策

昨日,鎌倉へあじさい散策に行ってきました。

あじさいの季節の鎌倉は,地元に住んでいるにもかかわらず,人生初でした。
ガイドブックを2冊買い,コースを研究。
雨を心配しましたが,曇り時々晴れの天気で,雨は降らずラッキーでした。ただし,蒸し暑く,汗はだくだくになりました。
あじさいの時期的には,丁度中盤という感じ。今週が満開だと思われます。
観光客は,はっきり言って多く,全体的にすごく混んでいました。

午前中,10時ころ,藤沢から江ノ電に乗って,極楽寺駅へ。

まずは,極楽寺駅から徒歩約3分のところにある成就院へ。ガイドブックいわく,明月院(別名あじさい寺)に次ぐと言われるあじさいの名所。種類豊富カラフルなあじさいが上る参道脇にたくさん咲いて圧巻。高台にあり,由比ヶ浜も望めます。驚いたのはこれだけ見所があるのに入山料が無料だということ(ほかは全部300~500円くらい取られます)。

その後,徒歩約10分で長谷寺へ。山の斜面にあじさい園というのがあり,整理券式で入場制限があり,ずらずらと並んで上ってから下ります。ここも種類豊富でカラフル。

お昼は,確か「カロ」っていう名前の洋食屋で,地元では評判らしく,30分くらい並びました。

午後は,まず長谷周辺の光則寺へ。ここはこぢんまりしていますが,園内をぐるっと鉢植えのあじさいを中心に,特に種類としては山あじさいという,もともと野生のあじさいが見れます。このお寺,意外とこぎれいで,雰囲気がいいです。

その後,長谷駅から江ノ電で鎌倉駅に行き,JRに乗り換えて,北鎌倉駅へ。江ノ電はすし詰めで,混雑のためダイヤが乱れている状態でした。

そして,本日の目玉である明月院へ。明月院は,さすがに別名あじさい寺というだけあり,園内たくさんのあじさいがあります。ただし,あじさいの種類は少なく,色的にはブルー系のあじさいが中心です。成就院,長谷寺,光則寺は,赤とか紫とか,カラフルなんですけど,明月院は,ほとんどがブルー系。ですが植わっている株数は一番多く感じました。

その後,バスに乗り,鶴岡八幡宮の前でバスを下車。萩で有名な宝戒寺というお寺を軽く見て,小町通りを散策。それにしても小町通りは色々な店があり,混んでますね。人をかき分けて進む感じ。鎌倉駅へと向かいました。着くともう16時。江ノ電に乗り,藤沢へと帰りました。
by ofuna-law | 2011-06-13 17:50 | 趣味 オフ 癒し

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ


by prof-law