大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所の某弁護士の述懐

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

過払い金請求訴訟

今日,過払い金請求訴訟の起案を2件しました。
ちなみに,有名な貸金業者のものと珍しい貸金業者のものでした。

利息制限法に引き直して再計算したときに過払いとなると,過払い回収に向けて訴訟前に,担当者と交渉するのですが,平気で「元利合計の7割で」とか言ってくるので,らちがあかないときは訴訟しないとだめ。

訴訟すると,訴訟費用も含めてきっちり回収できます。
最初から訴訟前に譲ればいいのにと思います。
ちなみに,訴訟になることも考えれば,債務整理は,司法書士に頼むよりは弁護士に頼んだ方がベターです。

ただ,最近はSFCG等債権会社自体危ない会社もあるので,見極めないと訴訟しても回収できないことがあり,問題です。

by ofuna-law | 2009-03-24 17:25 | ・債務整理 過払い

債務整理で涙

債務整理を引き受けると,弁護士は,速やかに「弁護士介入通知(受任通知)」を各債権者(社)に一斉に送付します。
この弁護士介入通知が債権者に届くと,債権者は依頼者との直接交渉が禁止されます。
依頼者のもとへは,電話や手紙などが直接来なくなります。
弁護士介入通知後は,すべて窓口が弁護士になります。

先日,債務整理の依頼者にこのことを説明したところ,「弁護士を頼んだら,取り立てが厳しくなるのではないかと心配だった」と言うので,「そういうことはないです。債権者から連絡があったら弁護士を頼んだと言って,私の名前や事務所等を出してそちらへ連絡するように言ってください」と言いました。

すぐに弁護士介入通知を出すので,請求は来なくなることや,行き違いで連絡が入ったとしても,弁護士が介入したことを聞くと,債権者の直接交渉はなくなることなどを説明したのです。

これらのことは常に債務整理のときは最初に依頼者に説明します。

今回の依頼者は,そのことを知り,安心したらしく,涙ぐんでいました。

弁護士介入通知により,債権者からの請求はなくなり,依頼者は守られることになります。
借金でお悩みの方がいらっしゃいましたら,早く弁護士に相談し,弁護士介入通知を出してもらい,債務整理をすることをお勧めします。
by ofuna-law | 2009-03-11 16:59 | ・債務整理 過払い

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ


by prof-law