大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所の某弁護士の述懐

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

無期懲役刑の実態

日弁連ニュースに無期懲役刑の実態についてコラムがありました。

無期懲役というのは,有期懲役が最高30年(刑法14条)ですので,それよりも重い懲役刑なのですが,他の国にみられる終身刑とはまた違います。
終身刑は一生刑務所にいるという刑ですが,日本にはありません。
無期懲役は,終身刑よりは軽い刑です。

一方,日本には,仮釈放という制度があります(刑法28条)。
懲役刑になっても,模範囚など特に改悛の情がある場合は,早期に刑務所から出所できる制度です。具体的には,有期刑の場合は刑の3分の1を目処に,無期刑の場合は10年以上を目処に,仮釈放されます。

だからといって,無期懲役になっても10年で仮釈放がされているかというと,実態はそうではなく,現実には無期懲役受刑者が10年で仮釈放されるのは皆無だそうです。
2007年のデータでは,無期懲役受刑者で仮釈放された人は3名。平均刑務所在所期間は30年だそうです。

日弁連の論調は,無期刑が事実上の終身刑に化していて,人権上問題なのではないかとのことでした。
しかし,事実上の終身刑というのは言い過ぎな気がします。現に仮釈放されている人もいるのですから。
むしろ,日本にはない終身刑を新設し,刑を多種選択できるようにしてゆくべきだとの意見もあり,死刑廃止論も絡んで今後の課題だと思います。
by ofuna-law | 2008-11-28 17:19 | 法律 論点 解釈
今日から,最高裁が裁判員候補者への通知を発送するとのことです。
基本的に有権者全員が対象です。
割合は,新聞によると,有権者350人に1人の割合だそうです。

裁判員裁判とは,刑事事件の重大事件について,被告人の裁判に国民が裁判員として参加する制度です。

1つの事件について,裁判官が3名,裁判員が6名の合計9名で裁判体を構成します。

やることは,①有罪無罪の判断(事実認定)と,②有罪の場合の刑の判断(量刑)です。
第1回公判から審理に立ち会い,評議を経て,判決宣告まで立ち会いします。

通知を受けたからといって,すぐに裁判員になるわけではなく,あくまで裁判員候補者にすぎません。
さらに,抽選や裁判官との面接等を経て,個別事件の裁判員に選ばれることになります。

最終的に裁判員に選ばれる確率はというと,これも新聞によると
1番選ばれやすいのが,大阪で,2894人に1人だそうです。
1番選ばれにくいのが,秋田で,11862人に1人だそうです。
ちなみに,神奈川は,5262人に1人で,東京は,5133人に1人とのこと。

欠格事由というものがあり,たとえば,弁護士や弁護士事務所事務員等は裁判に密接に関わることから,欠格事由に該当し,裁判員にはなれません。
辞退というものもあり,やむにやまれぬ事情があるときや学生,老人等は,辞退ができます。
by ofuna-law | 2008-11-28 10:05 | 法律 論点 解釈
裁判員模擬裁判が終わりました。

現住建造物等放火の事案でした。
検察側は既遂が成立するとして求刑懲役6年でした。
弁護側は,未遂にすぎないとして執行猶予付判決を求めました。

裁判官3名と裁判員6名の評議の結果,結論としては,放火は「未遂」と認定されて,判決は「懲役3年 執行猶予5年」でした。

勝訴か敗訴かでいえば,(民訴と違うのですが)勝訴でしょうか。

検察側の証拠が少なかったので(模擬裁判ならではでした),被告人に有利に,「未遂」と判断されたと思います。
本物の事件だったら,検察側はもっと立証してくると思います。

最終的には,このような事案の場合に,執行猶予が付くかどうかでしたが,初犯で兄の監督が期待できるなどの事情から,執行猶予がつきました。

以下,感想です。

準備がとても大変でした。
パワーポイントとか初めてでしたし。
審理の際も,いつもと勝手が違って,緊張しました。
検察側は,訓練されており,とてもわかりやすい主張と立証を展開していました。
とても見習うべき点が多々ありました。
評議が中継されていて参考になりました。

今後裁判員裁判が施行されたら,この経験を生かし,比較的まともな弁護活動ができるのではないかなという自信にはなりました。

4つのブログランキングに登録しています。
この下の4つのカラフルなバナーをそれぞれクリックしていただきますと点数が入ります。
更新を怠ったばかりに全て下降傾向です。ご支援お願いします。
(現時点)
1 法律法学ブログランキング 7位
2 士業ブログ 39位
3 弁護士お仕事ブログランキング 1位
4 ビジネスブログランキング100選 17位
にほんブログ村 士業ブログへ ビジネスブログランキング ビジネスブログ100選
by ofuna-law | 2008-11-17 08:58 | 事例 経験 実績

鎌倉市市民法律講座

先週の金曜日,鎌倉市主催の鎌倉市市民法律講座で講演をしました。

テーマは,「刑事裁判手続と裁判員裁判制度について」でした。

今回,初めてお声がかかり,今年が初めての講師でした。
講師は,横浜弁護士会で,かつ,鎌倉市にゆかりのあることが前提のようです。
そうそうたる顔ぶれがお揃いで,やっとその中の一員になれたこと(と言っても,来年から呼ばれなくなったりするかもしれない苦笑が)に,とても感激しました。

折しも,裁判員裁判制度は,わかりやすい裁判を目指しているので,その講義としても,よりわかりやすく説明しようと努めたつもりです。

by ofuna-law | 2008-11-09 09:35 | 日々の事件簿

手紙をしたためること

筆まめでありたいと思っています。
弁護士になってから,特にそう思うようになり,実践しています。

手紙や葉書は,電話やメールとは違った暖かな印象があり,もらうと嬉しいですから,その逆をしています。

基本は手書きです。
時候の挨拶から入り,文章を練りながら書き直し書き直ししているうち,趣のある手紙ができるように思います。

葉書のときは,湘南(江ノ電や江ノ島など)をモチーフにしたイラスト絵はがきを愛用しています。

先日,司馬遼太郎の「龍馬がゆく」を読んだのですが,坂本龍馬はとても筆まめで,乙女姉さんらに脱藩先から手紙を沢山書きました。
それがかなり現存していて,龍馬研究には欠かせない資料になっているとのこと。若干脱線しました。

電話やメールが便利になったご時世だからこそ,手書きの手紙や葉書は逆に新鮮ではないでしょうか。

by ofuna-law | 2008-11-06 18:50 | 趣味 オフ 癒し

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ


by prof-law