大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所の某弁護士の述懐

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

身内や知人が突然逮捕・勾留・起訴されたら。

逮捕後1~2日は面会(接見)はできませんが,弁護士なら面会(接見)ができます。

勾留後,接見禁止処分という決定がなされる場合がありますが,その場合も,一般人は接見ができませんが,弁護士なら接見ができます。

しかも,一般人の接見の場合,接見室に見張りの警察官・刑務官がいるので,自由な会話に制限がありますし,時間も15分程度しか許されませんが,弁護士の接見の場合は,被疑者・被告人とマンツーマンで見張りの人なしに24時間いつでも必要十分な時間(極端に言えば,時間無制限で),自由な接見ができます。

その他,弁護士がつくと何より本人が安心するというメリットのほか,たとえば,被害者のいる犯罪であれば,被害者との示談交渉に早期に着手する(無事示談がまとまれば釈放される可能性もある)等のメリットがあります。

by ofuna-law | 2008-09-26 17:36 | ・刑事事件 裁判員裁判
先日取材を受け,本日ゲラチェックが終わり,晴れて近々掲載されることになりました。
声を大にしてお知らせいたします。

平成20年10月4日(土)に,全国書店・コンビニ等で発売!!!
  「CIRCUS(サーカス)」11月号 32~34頁

男女間の法律問題特集のコメンテーターとしてメディア初登場です。

ちなみに,CIRCUSという雑誌は,全国誌で,30代男性をターゲットにした月刊誌です。
出版社は,KKベストセラーズという,著名な出版社です。
実は,私も一読者としてCIRCUSを購読していたりもする,結構30代男性には有名な雑誌なのです。

by ofuna-law | 2008-09-22 16:51 | プロフィール 
全8巻読破しました。

薩長同盟が一番の功績とされます。が,それだけではない。幕末から明治維新にかけて,大政奉還やその後の新政府の構想(特に,民主主義体制の樹立)ひいては五箇条の御誓文の原案となるものの起草等まで,全体を陰で操った(土佐脱藩の浪士だったかゆえに)。最後は幕府側による暗殺という,激動の人生を送った偉人と再認識。

もっとも,小説ゆえ「竜馬がゆく」を全面的に信用はできず,異論も強いとのこと。

しかし,「竜馬がゆく」が描く,とても爽快で豪快で心豊かな人懐っこい人気者の竜馬という点は,信用したいです。
全8巻というのが,結構長く,読破に2か月かかりました。この点で躊躇されるかもしれませんが,読みごたえ十分でお勧めです。

執筆中の司馬遼太郎が竜馬関連の文献を買い求め、神田古本屋街から竜馬関連が全て消えたという逸話が残っています。

by ofuna-law | 2008-09-21 09:27 | 趣味 オフ 癒し
以下,まずは熟年層の方にお読みいただきたいのですが,お若い方でも,自分の両親などに当てはまるケースもあると思いますので,是非ご紹介くださると幸いに存じます。
特に熟年層の「離婚相談」「遺言相談」「債務整理相談」について,ご紹介します。

1 離婚相談について

年金分割制度が確立し,熟年層の離婚(特に女性からの)が増えています。
年金分割により,夫の年金の半分程度の分割制度が最近成立しています。

また,夫の退職金の半分程度を慰謝料ないし財産分与としてほしいと考える依頼者も多く,拒否の場合,会社に対し,夫の退職金請求権を仮差押えして,回収できるよう手を打てます。退職前に法律相談いただければ,手が打てます。退職後ですと,財産を隠匿され,取りはぐれるおそれがあります。
夫名義の自宅などの不動産がある場合も,その2分の1程度を慰謝料ないし財産分与とれますが,拒否の場合,不動産の仮差押えして,回収できるよう手が打てます。

2 遺言相談について

ご自分がお亡くなりになった後,財産があり,相続人が数名いて,相続人間で争い(いわゆる争族です)が起きそうな場合,あらかじめ遺言を作成しておくと,自己の意思が反映された相続が実現できます。

遺言には,自筆もありますが,後で自筆かどうかが争われたり,家庭裁判所で検認という手続をとる必要があったり,お勧めできません。
公証人役場で作成する公正証書遺言という方式がお勧めです。この場合,弁護士にご相談いただき,相続人を戸籍調査し,打ち合わせを重ねて遺言書の案を作成した上,最終的に,弁護士と公証人役場に行き,遺言を作成します。

3 債務整理相談について

熟年層の場合,借金開始が最近ではなく,5年以上前という方が多いです。消費者金融との間で,5~10年以上も借金の借入と返済を繰り返している場合,利息制限法の制限利率以上の利息を取られていることから,弁護士が介入すると,過払い金が生ずるケースがあります。目安は5年以上です。

過払い金が生じなくとも,借入年数が長い場合は,かなりの債務が減額(圧縮)できます。

ただし,熟年層の方は,弁護士に相談するのを躊躇するようです。しかし,借金生活から抜け出し,逆に少しでも遺産を残せるようにと考えると,債務整理をしたほうがよいと思います。

by ofuna-law | 2008-09-17 18:10 | 取扱業務

事務所拡張決定!

今年5月ころからあった話ですが,事務所拡張の件,先日,大家さんと賃貸借契約を結び,今年(平成20年)10月1日から,隣の部屋を借り,拡張することになりました。

拡張工事は,平成20年10月2日~同月4日までとなります。
壁をぶち抜き,相談室を1つ増設し,イソ弁(又は修習生)用のデスクを2つ増設します。
これに伴い,平成20年10月2日(木)~同月3日(金)は,電話がつながりにくくなると思われ,また,事務所での法律相談はお休みとなります。

ちなみに,平成20年10月13日にて,大船法律事務所は,開設4周年となります。
区切りのよい時期に事務所が拡張でき,とても喜んでいます。
by ofuna-law | 2008-09-16 08:32 | これまでの事務所運営

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ


by prof-law