大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所の某弁護士の述懐

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ

<   2007年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

来たれ8月3日!

今度の8月3日に,フリーペーパー「ぱど(湘南版)」に,私ども大船法律事務所の広告が出る予定です。
ホームページ・タウンページ以外にも広告を載せてみようと,ひとつ試みてみました。

いつもと違うお客様層が開拓できるといいなあと思います。

ちなみに,タウンページについては,今年から,サイズを大きくしてカラーにします。
あと,ホームページのリニューアルについては,友人が本業に忙しいため当分は無理のようです。しばしお待ちください。
by ofuna-law | 2007-07-30 14:15 | これまでの事務所運営

離婚事件 調停前置主義

離婚には,次の3つがあります。
1 協議離婚
2 調停離婚
3 裁判離婚
この3つがあります。

1の協議離婚は,お互い協議して離婚する形で,最もポピュラーな離婚の方法です。離婚届に署名して役所に提出すれば可能です。

2の調停離婚は,協議離婚の協議が整わないとき,家庭裁判所で調停を行い,合意に達すれば,離婚ができるという方法です。調停は,通常2人の調停委員が,当事者双方から別々に話を聞いて,離婚の合意を目指して話し合いをしていきます。合意に達すれば,調停調書を作成します。この調停調書は判決書や公正証書に準ずる効力を有する公文書です。

3の裁判離婚は,調停離婚ができない場合に,裁判により離婚をする方法です。調停を飛ばしていきなり裁判をすることができず,必ず裁判の前には調停を行わなければなりません。これを調停前置主義と言います。裁判離婚が認められる場合(離婚原因)については法律で定められており,その離婚原因の有無を裁判します。

by ofuna-law | 2007-07-30 14:01 | ・男女問題
激しい雷雨のなか,本日,初めて東京地裁・家裁八王子支部に行きました。
意外と老朽化していて,余り広くない感じでした。
離婚事件の関係で,これから月1回程度は行くことになる見込みです。

大船からは,東海道線で横浜に出て,横浜から京浜東北線で東神奈川に出て,東神奈川からは横浜線で八王子まで行くというルートです。
はっきり言って,かなり遠く,かつ,不便という印象です。

せっかく八王子まで出たので,今週は,木曜日ではなく,今日を明治大学法科大学院の教育補助講師の仕事の日にしました。
八王子から中央線で御茶ノ水まで一本ですので。

法律ブログランキングに登録しています。
本日(現時点)3位です。順位キープです。皆様お力添えありがとうございます。
この下を↓クリックしていただきますと点数が入ります。ご協力お願いします。
人気blogランキングへ
by ofuna-law | 2007-07-30 13:35 | 日々の事件簿

神奈川の弁護士

私は神奈川県で弁護士をしています。
神奈川県といっても,広いです。
地方裁判所は,本庁,川崎支部,相模原支部,横須賀支部,小田原支部というように分かれています。
弁護士は,裁判所に行く仕事が多いですから,上記支部に密着する形で,仕事をします。

私の事務所は,神奈川県鎌倉市の大船にあります。
管轄的には,本庁管轄です。横浜地方裁判所の本庁は,関内にあり,私の事務所からドアツードアで40分程度です。

私の事務所のお客様は,湘南(鎌倉,藤沢,茅ヶ崎,平塚,逗子,葉山)を中心に,横浜市,横須賀市,高座郡寒川町,中郡大磯町,小田原市のお客様がほとんどです。
そのため,本庁の事件が一番多いですが,次に多いのは,横須賀支部と小田原支部に係属する事件です。
同じ神奈川県内の支部でも,川崎支部と相模原支部の事件は,ほとんどありません。
地域密着型事務所の現れだと思います。

なお,横須賀支部まではドアツードアで50分程度であり,小田原支部まではドアツードアで55分程度です。

ただ,もっぱら神奈川県内で仕事をしているわけではなく,依頼者の相手方の住所地を管轄する裁判所の事件も扱うことから,流動的ですが,いま山形県の新庄,北海道の函館,東京の本庁,八王子支部などに関係する仕事もしています。

神奈川県の場合,本庁のある関内に弁護士が集中しています。
お客様が依頼しようとする場合は,弁護士の多い関内に自分が出かけるか,逆に,関内へは弁護士が行ってもらい,自分は自宅近くのその弁護士・法律事務所に依頼するケースが考えられます。
私的には,地元の人は地元の事務所に行き,裁判所へは弁護士が行けばいいという考えから,競争も多い関内ではなく,大船で地域密着型の事務所を開くことにしたのでした。
by ofuna-law | 2007-07-27 07:12 | 事務所案内 

暑中見舞い申し上げます

暑中見舞い申し上げます

今年もひまわりの咲く季節になりました。
仕事は,日々努力しながら,頑張っています。
最近の中心業務は,①債務整理(任意整理,自己破産,個人再生),②交通事故,③離婚,④相続,⑤民事事件,⑥刑事・少年事件,⑦医療過誤などです。その他身近な法律相談に幅広く応じています。
プライベートでは,朝ウォーキングをするようになりました。ダイエットです。登山にはGWに行き,この夏にも予定しています。ゴルフは最近ご無沙汰ですので,是非お誘い下さい。
季節柄,ご自愛下さい。

平成19年 盛夏    弁護士 高岡輝征

法律ブログランキングに登録しています。
本日(現時点)3位です。順位キープです。皆様お力添えありがとうございます。
この下を↓クリックしていただきますと点数が入ります。ご協力お願いします。
人気blogランキングへ
by ofuna-law | 2007-07-26 15:48 | 日々の事件簿

スバリスト

スバルの車を愛している人のことを「スバリスト」と言います。

私もスバリストです。前の車がスバルインプレッサ20Kでしたし,今の車はスバルレガシィ2.0GTです。

スバルは,もともとは飛行機の会社で,零戦等を作っていました。
特徴は,水平対向エンジンです。
ピストンが,横に水平に位置され,シンメトリー(左右対称)構造をとっています。
上下動が少なく,低重心の,安定したエンジンです。
加速がたまりません。

零戦のDNAを受け継いでいるという水平対向エンジンは魅力があります。
by ofuna-law | 2007-07-22 07:13 | 趣味 オフ 癒し

公判検事の風呂敷包み

公判検事は,裁判記録を風呂敷包みにして,公判廷に持参します。

これは古くからの伝統です。

この実質的な意味としては,公判廷への行きは,裁判所に提出する裁判記録を大量に持参する必要があるのに対し,公判廷からの帰りは,裁判記録を裁判所に提出してしまうので,ほとんど持ち帰る書類がないことから,行きは大きく帰りは小さくという伸縮自在のきく風呂敷がとても便利がいいからと言われています。

確かに,その通りだと思っています。

なお風呂敷の色は,検察の色である「紺」の風呂敷が使われるのが通常です。

by ofuna-law | 2007-07-22 06:48 | 法律 論点 解釈

刑訴法332条

刑訴法332条は,刑事事件の簡易裁判所から地方裁判所への移送を定めています。

要件は,「地方裁判所において審判するのを相当と認めるとき」です。
事案が複雑な場合,法解釈が複雑な場合などが挙げられます。

先日,簡易裁判所に起訴された傷害事件について,捜査段階では自白していたものの,起訴後,私がよくよく聞いてみると,「自分は実はやってない」とのことだったので,公判で否認に転じた国選弁護事件があり,今後,証人尋問等の必要があることから,刑訴法332条の移送になったものがありました。

簡易裁判所の裁判官が,冒頭手続の終了後,いとも簡単に「本件は刑訴法332条により地方裁判所に移送します」と言って,法廷が終了になってしまったのがとても印象的でした。

法律ブログランキングに登録しています。
本日(現時点)3位です。順位キープです。皆様お力添えありがとうございます。
この下を↓クリックしていただきますと点数が入ります。ご協力お願いします。
人気blogランキングへ
by ofuna-law | 2007-07-18 14:41 | 法律 論点 解釈
自動車事故に遭ったら,加入する自動車保険の保険会社に連絡。
怪我があれば,最大限治療に専念すべきです。

怪我の治療が落ち着いてきてから,法律関係を整理するのが得策です。
損害賠償や過失割合など専門的知識に基づく交渉は,まずは保険会社担当者が介入してくれます。

今は保険に弁護士費用特約が付されているのが通常。交渉挫折の場合は,これを使い弁護士に相談するという流れになります。
弁護士費用はこの特約でまかなわれ(300万円まで),通常持ち出しはありません。

慰謝料,休業損害,後遺症等級,過失割合等について,疑問があれば,遠慮なく相談してください。
弁護士は交渉から入りますが,相手がありますからまだ譲れない場合は,訴訟を起こし,正当な賠償を求める場合も多いです。

弁護士費用特約を使う場合,保険会社のリストで選べるほか,自力で弁護士を探して依頼し,費用のみ保険会社が負担という方法もできます。

by ofuna-law | 2007-07-18 08:19 | ・交通事故
どのように広告・宣伝するか。
これは本当に難しいと思います。
どなたか教えて頂きたいところですね。

マーケティングの本を読むなどして研究してはいますが,なかなか法律事務所の広告・宣伝には結びつきません。

ホームページを持つことは必要だと思います。
ブログは,営業で使うというブームは去ってしまったと思います。私は,好きで続けてます。
メルマガは,もはや時代遅れでしょう。
ミクシィも仕事につながったことはありません。
タウンページの広告は,ネットを使わないお客様には有効だと思います。

今度,フリーペーパーに広告を載せることにしました。
8~10月の3か月間,各1回,鎌倉・逗子・藤沢・茅ヶ崎・寒川エリアに配られるフリーペーパーです。
どんな反響があるか,楽しみにしています。
by ofuna-law | 2007-07-17 07:57 | これまでの事務所運営

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ


by prof-law