大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所の某弁護士の述懐

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ボーナス

あっという間に6月が終わりました。
もう夏らしくなり,夏は好きなので,体調も元気です。

さて毎月末日は事務員さんに給料を支払う日です。
今日は夏のボーナスも一緒に支給しました。

事務員さんはとても喜んでくれました。
事業主冥利に尽きます。
でもやっぱり事業主は自分がもらえないのが残念です。

一般の企業も今日がボーナス日でしょうか?
今日,仕事が終わったら,久しぶりに飲みに出かけようと思いますが,景気がよくて,お店が込んでいるかもしれず,心配です。

by ofuna-law | 2006-06-30 13:39 | これまでの事務所運営

不安との戦い

司法試験受験生のころ,他人に自分が司法試験受験生であることを言えませんでした。
自信がなかったのと,もし最終合格できず,司法試験を諦めたとしたら,他人から,やっぱり無理だったみたいなことを言われるのが嫌だったからです。
受験期間中約5年間,絶えず不安がありました。
不安をかき消すために,勉強をしていました。
択一,論文,口述と,試験直前になると不安はピークに達し,眠れない日もありました。
今から思うと,不安がなければ,集中して勉強に打ち込むことはできなかったと思います。
by ofuna-law | 2006-06-08 12:45 | 司法試験 勉強

勉強法

暗記法が意外と好評でしたので,私の勉強法を書きます。

まず,合格方法論を研究しました。とにかく,合理的に,簡単に,直接的に,ゴール(合格)への道筋を決めて,まっしぐらに進むために必要なのが合格方法論です。
合格体験談や合格体験記はできる限り集めて,ことあるごとに読んで,使えそうな勉強方法を取り入れて,自分なりの合格方法論を作っていきました。合格者は,みな同じようなことを言っているので,それを取り入れて自分もやってみることが大切です。少数意見も,自分に合いそうな勉強法であれば採用していました。

次に,時間の確保です。平常期は8時間,択一試験直前期は12時間,口述試験直前期は16時間の勉強をしました。だらだら勉強しても駄目なので,もちろん正味です。
自分は比較的集中力が持続するタイプだったので,4時間勉強して1時間休み,4時間勉強して1時間休み,というセットを繰り返しました。色々試してみて,結局この形に落ち着きました。

タイムスケジュールは,試験日から逆算して,試験日1か月前になにをしておかねばならないか,試験日3か月前になにをしておかねばならないか,試験日1年前になにをしておかねばならないか,というように計画を立てていきます。計画を進めるうち,挫折しそうになることもしばしばですから,その場合は,計画を修正します。

あと,科目は,答案練習会のペースに合わせて,だいたい1科目を1か月集中してやるようにしていました。

あと,1日の締めくくりに,本日のタイムスケジュールをノートに書き出し(日誌),無駄な時間がないかをチェックし,翌日以降のタイムスケジュールにいかすようにしていました。

予備校は,どこでもいいと思いますが,入門(基礎)講座を受講すると,法律の全体像が分かり,とても役に立つと思います。ちなみに,私は,入門,論文,択一など,いわゆるフルコースで予備校の授業を受けていました。答案練習会も通っており,毎週4通は答案を書いていました。

基本書は,憲法(芦部),刑法(大谷),会社法(弥永),手形法(前田),民訴(大学双書)は,通読し,繰り返し使いました。
その他の科目は,辞書がわりに読むことはあっても,通読まではしませんでした。そこまで手が回りませんでした。

あと,自主ゼミも,合格者や弁護士を講師にして,週1回程度やっていました。内容は,論文過去問の分析・検討が中心でした。

今思うと,勉強にひたむきに打ち込んでいたなあと思います。それだけ法曹になりたいという夢が自分の中で大きかったと思います。あと,若かったのだと思います(今も若いつもりですが)。

法律ブログランキングに登録しています。
本日16位です。新興勢力に押され,下降ぎみです。お力添えください。
この下を↓クリックしていただきますと点数が入ります。ご協力お願いします。
人気blogランキングへ
by ofuna-law | 2006-06-05 13:15 | 司法試験 勉強

暗記法

司法試験合格のためには,記憶した法律知識を答案に解答しますから,暗記法は重要な手段の一つです。

司法試験は範囲が膨大ゆえ,闇雲にすべての暗記は埒があきません。
暗記すべき知識と,暗記しなくてよい知識の区別がまず大事です。

暗記すべき知識としては,定義,趣旨,条文の位置,百選判例のキーワード・筋,論点における問題の所在,反対説,自説,規範部分などがあります。要は基本的なところです。

さらにそれらを体系別に整理し(本の目次が参考になります)暗記します。

人の記憶は短期記憶と長期記憶から成り立っており,短期記憶にメモリーしてもそれが長期記憶に変わらなければ記憶として定着しません。

したがって,繰り返すこと,それも一旦覚えた後,忘れたころにまた繰り返すことが第一です。

暗記するときは,暗記するぞ!と覚悟を決めて,一定時間をかけて暗記するとよいでしょう。
時間的には,寝る前がベストです。寝る前に覚えると寝ている間に頭に定着しやすくなるそうで,実際にも効果があると思います。

あと,体を使いながら覚えるとよいです。まず,口を使って,声に出して,それを耳で意識的に聞いて,暗記します。同時に,手も使います。ボールペンで字を書きなぐりながらやります。ボールペンの芯は,インクが切れたものを取っておきます。集めるとそのうち数百本にもなりますから,これをみて自信をつけます(自己満足の世界ですがお守りにしてました)。

どうしても覚えられないものはカードにして小さくし,それをちょくちょく見るようにするとよいです。カードにして小さくする方法は,結構効果的です。

あと,教科書やノートは,色鉛筆で色分け(アンダーライン・括弧・囲み)します。色分けしながら暗記をします。一度だけでなく何度も何度も同じ色で強弱を付けて色分けします。ちなみに,私の受験生時代の色分けは,定義=緑,問題提起=オレンジ,自説=ピンク,理由・趣旨=黄色,反対説=青,批判=赤,判例=紫,キーワード=茶色 でした。

語呂合わせは,少しだけ使いました。
「今日こそ日曜」とか=一般先取特権の種類です。

あと,記憶にいい食事も気休めですが,やってました。DHAなどです。
by ofuna-law | 2006-06-01 13:54 | 司法試験 勉強

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ


by prof-law