大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所の某弁護士の述懐

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ

<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

権利外観理論

民法と商法などのいわゆる私法上の概念ですが,「権利外観理論(権利外観法理)」というものがあります。
「けんりがいかんりろん(けんりがいかんほうり)」と読みます。何となくかっこよさそうな理論なのだろうなあと思って頂けるといいですね。

定義(意義)は,次のとおりです。すなわち,
ある虚偽の外観が存在し,その虚偽の外観を信頼した第三者がいる場合は,虚偽の外観を作出した帰責性のある本人の犠牲のもと,虚偽の外観を信頼した第三者は保護されるという理論です。

シンプルに法律要件と法律効果で説明しますと,
法律要件は,①虚偽の外観の存在,②本人の帰責性,③第三者の信頼,となります。
法律効果は,信頼の保護,です。
法律要件に事案があてはまると,法律効果が発生します。

権利外観理論の具体的な現れとしては,民法94条があります。
民法94条は,通謀虚偽表示の無効と善意の第三者の保護の規定です。
例えば,Aさんは税金逃れの目的でBさんと通謀(口裏合わせ)し,自己所有の不動産を売ったことにしてその所有権の登記をA名義からB名義に移転していた。Bさんは,それを奇貨として(利用して),本当はAの所有物である上記不動産について,Cさんに対し,自分のものであると言って売りつけた。その際,Cさんは,登記の名義がBにあることから,Bに所有権があると善意で信頼して,上記不動産を買った,という事例があるとします。

この事例において,不動産の真の所有者はAです。AはBと通謀虚偽表示で登記名義をBにしました。これについては,民法94条1項により,無効になります。ですから,所有権は移転せず,この所有権の所有者はAのままであるのが原則になります。
しかし,登記名義はBであり,Bが所有者であるかのような「虚偽の外観」が存在します。
Cは,この虚偽の外観を善意で信頼(「第三者の信頼」)しました。法律用語で,「善意」とは「知らなかったこと」を意味します。
Aは,この虚偽の外観作出について,Bと通謀してやったのですから,責められるべき責任があります。これが「本人の帰責性」ありということです。
このような場合のことを,民法94条2項は規定しており,この場合の善意の第三者を保護することになっています。したがって,Cは保護され,Cはこの不動産の所有権を取得することになります。例外にあたるのです。

権利外観理論が認められる趣旨は,取引の安全の保護にあります。
上記事例で,Cが保護されないと,Cの取引の安全が害されるので,一定の要件のもと,Cを保護しているのです。

あえて極端に言えば,「正直者は救われる」ことになります。
by ofuna-law | 2005-09-28 12:47 | 法律 論点 解釈

大相撲千秋楽

3連休は特にこれと言ったことはなく終わりそうです。
大相撲があるので夕方からは3日間テレビを見ました。

いまブログを書いている時点ではまだ優勝は決まってません。
朝青龍か琴欧州か,稀勢の里も一応残っているというところ。
個人的には琴欧州が優勝してほしいですがどうなることやら。

ちなみに私の注目力士は次のとおり。
1 垣 添  「落ち着きのなさ」がきらりと光り見逃せない。
2 安 馬  小さいながらもこつこつ頑張っている姿が渋い。
3 高見盛  元祖ロボコップ!負けたときのがっくりがおもしろい。
by ofuna-law | 2005-09-25 17:01 | 趣味 オフ 癒し

信長の棺

「信長の棺」という本を読みました。
小泉首相お薦めの本です。
話題の本だったので読んでみようかなと思いました。

歴史ミステリー小説です。
本能寺の変についての謎や信長の遺体についての謎のお話でした。
なかなかおもしろかったです。

もっとも小泉首相が激賞する理由がいまいちよくわかりませんでした。
話のタネにはいいと思いますが。
次は何を読もうかな。お薦めの本がありましたら教えてください。

たまに書店に行くと,売れている本が分かっておもしろいです。
自分で積極的に読みたい本というのはなかなかみつかりません。
だから最近は売れている本で興味をもったものを読んでいこうと思っています。
by ofuna-law | 2005-09-23 10:29 | 趣味 オフ 癒し
一般的に,不法行為とか,慰謝料請求とか,損害賠償するぞとか,ありますよね。
今日は,これらの類の法理論を説明したいと思います。

これらは法的には,通常,「不法行為の損害賠償請求権」と言います。
根拠法令は,民法709条です。
法律の条文というのは,ある効果(法律効果)と,それを発生させるための要件(法律要件)から構成されています。
民法709条の場合,効果(法律効果)は,「損害賠償請求権の発生」です。
この効果(法律効果)を発生させるための要件(法律要件)は,民法709条の場合,次のとおりとなります。すなわち,
① 故意または過失
② 権利侵害(違法性)
③ 損害の発生
④ ①と④との間の相当因果関係
以上となります。

具体例で説明します。
交通事故の場合で説明します。

Aさんは,車を運転中,わき見をしていたため,前方を横断中の自転車に乗ったBさんにぶつかって,怪我を負わせた。Bさんは,怪我の治療費が合計5万円かかった。通院もして精神的に傷ついた。自転車の修理費は修理屋によると3万円かかるため,同じ自転車の新車が2万円なので,新しいのを買ったほうがいいと薦められた。

上記事例の場合,Aさんには,「わき見運転」という①過失が認められます。過失とは,簡単に言ってしまうと,不注意,です。

この過失により,Bさんは,怪我をしたので「生命身体の安全」「所有する自転車(財産権)」が害されました(②権利侵害(違法性))。権利侵害とは,言葉どおりある権利の侵害であり,違法性とは,簡単に言うと,常識的にみて悪いということ,を言います。

そして,Bさんには,「怪我の治療費5万円」と「精神的苦痛に対する慰謝料相当額」と「自転車の被害額」という③損害が発生しました。ここで精神的苦痛に対する損害賠償のことを一般に「慰謝料」と言います。算定はなかなか難しいのですが,この場合は仮に10万円としましょう。さらに,自転車の損害については,最大限修理費3万円で,最低限新車代2万円になります。

最後に,④①と③との相当因果関係については,「①がなければ③がない」という公式がなりたつか、を考えた上で,それが常識的に相当かを判断します。上記事例の場合,わき見運転という過失がなければ,治療費5万円はかからなかったですし,精神的苦痛もなかったですし,自転車も壊れませんでした。ですから上記公式がなりたちます。加えて,その公式をみとめることが常識的に相当かを判断すると,自転車の修理費3万円というのは相当ではないですが,新車代2万円なら相当であり(経済的実損と言います),5万円+10万円+2万円=17万円の損害については相当因果関係のある損害と言えます。

以上のように,要件(法律要件)が充足されましたので,効果(法律効果)が発生します。すなわち,「17万円の損害賠償請求権が発生」するのです。

これが不法行為の損害賠償請求権の法理論です。
できるかぎりシンプルに説明したつもりです。厳密にいうと粗があるとおもいますが,ご容赦ください。
by ofuna-law | 2005-09-16 17:25 | 法律 論点 解釈

債務整理

債務整理の依頼者の方は,債権者(社)が多数になり,債務額も増加し,利息を返済するために,他の債権者(社)から借りて,返済に回すというように,自転車操業の状態になっている場合が多いです。

このような場合,弁護士が介入する債務整理では,解決の方向性が大きく分けて2つあります。
1つは,返済していく方法(「任意整理」と言います)であり,もう1つは,返済を諦める方法(「自己破産」と言います。)です。

任意整理は,これまでの借入当初からの取引履歴を債権者(社)に出してもらって,利息制限法に引き直して債務を圧縮し,3年から5年かけて,全額完済に向けて計画的に分割弁済していきます。

自己破産は,破産法という法律に基づき,債務を弁済しなくてよいこととする制度です。借金の理由がギャンブルや浪費等でなく,主として生活費のためであり,債務額がおよそ300万円以上の場合であれば,これといったデメリットはなく,自己破産ができます。

当事務所では,債務整理の相談は,30分無料で行っております。弁護士費用も分割に応じています。

弁護士に債務整理の相談をすることは,将来の生活のためにはとても有益だと思います。多重債務でお悩みの方でも弁護士に相談する人は数%しかいないそうです。
by ofuna-law | 2005-09-13 14:40 | ・債務整理 過払い
明治大学の関係で,司法試験の論文過去問を検討するゼミを週3コマ持っています。
その関係で,毎週検討する司法試験の論文過去問は6問くらいですね。
今は刑法や民事訴訟法,刑事訴訟法などをやっています。
添削する答案の数は全部で40通程度でしょうか。

まずは論点を把握し,判例学説の到達点をしっかり勉強することが大切です。
そして,いかに自分の考えをわかりやすくまとめるかもポイントです。
論証にこるよりは,問題提起にこったほうがよく,端的でシャープな問題提起をしてほしいです。
また,司法試験の論文過去問は,「ホップ→ステップ→ジャンプ」というように,最初は簡単な論点がでて,次にやや難しい論点がでて,最後にすごく難しい論点がでるという形式になっているのがほとんどなので,その形式どおりに答えていくといいと思います。

サンプル問題やプレテストでは,事例が複雑で,読み解くことが必要となっていますが,ベースとなる論点や思考方法は現行司法試験の過去問の検討により,身に付くと思います。
がんばっていきましょう。
by ofuna-law | 2005-09-08 08:59 | 司法試験 勉強

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ


by prof-law