大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所の某弁護士の述懐

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ

<   2005年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

横浜弁護士会内に,日弁連交通事故相談センター神奈川支部という機関があります。

相談業務のほか,弁護士による示談斡旋をしています。

弁護士による示談斡旋は,手続き費用が無料です。
事故内容や過失割合の争いがない事案でなければならないのですが,損害額に争いがある事案について,弁護士が間に入って,被害者と保険会社の間の示談斡旋をしてくれます。

原則,期日は3回までとされています。

先日,この制度を使って,うまくまとまった事案がありました。

過失0の追突事故で,むち打ち症(約150日間で治癒)になった被害者(依頼者)の事案でした。

休業損害と傷害慰謝料の金額について,依頼者に対する保険会社の提示額は,合計約85万円でした。
依頼者は,金額が低すぎるとして相談にこられ,示談斡旋の制度を使うことにしました。

弁護費用としては,規定等を考慮し,20万円としました。
そのため,保険会社から約105万円(約80万円+20万円)を獲得しなければ,依頼者は損をしてしまう危険がありました。
損をする可能性もあると念を押したところ,とにかくやれるだけやってみたいというのが依頼者の希望でした。

示談斡旋当日,間に入ってくれた弁護士が保険会社の話を聞いた上で,120万円くらいなら示談がまとまりそうですと言ってくれました。
そのため,ひとまず損をすることはなくなり,良かったと安心しつつ,こちらにとって有利な事情を強く主張し,さらなる金額アップを要求しました。

その結果,おかげさまをもちまして,約135万円で示談が成立しました。
依頼者も喜んでくれました。

弁護士が中に入ると,こういうこともあります。
交通事故示談で,相手の保険会社が信頼できないような方がいましたら,一度,弁護士に相談してみるのも一つの選択肢です。
弁護士が入るだけで,対応が変わることもあります(変わらないこともありますのでご注意を)。

お気軽に当事務所までご連絡ください。
また,弁護士会の法律相談センターに問い合わせしても良いでしょう。
by ofuna-law | 2005-04-28 21:20 | ・交通事故
弁護士の資格だからできることは色々あります。

まず第1は,訴訟及び調停等の裁判に関する一切の業務です。
弁護士の中心業務です。

その他,弁護士は,他の士業の仕事もできることになっています。例えば,司法書士,税理士,弁理士,行政書士などの業務です。
弁護士の資格は,これら士業の資格を兼ねています。

その他,弁護士には,弁護士法23条にもとづく照会という職権があります。
官公庁,電話会社,銀行,郵便局等に対し,事実確認などの照会ができます。

戸籍や住民票も取ることができます。職務上請求といいます。

相手への感銘力といいますか,同じ内容証明を出すにしても,ご本人が出すよりは,弁護士名で出した方が,効果があることが多いです。

by ofuna-law | 2005-04-22 23:47 | 取扱業務

労働保険の加入

本日、藤沢市の労働基準監督署に行きました。
労働保険の加入をしてきました。

係員の方はとても親切でした。
届出用紙のわからないところは書いてくれました。
簡単に労働保険の加入ができました。

次は、戸塚のハローワークに行って、届けをしなければなりません。
鎌倉市の場合、管轄が複雑なのです(何とかならないですかね?)
労基署は藤沢の労基署、ハローワークは戸塚のハローワークが管轄なのです。
そして、戸塚のハローワークは駅からちょっと遠い。

事務員さんを1人雇うということで
いろいろな手続が必要です。
ちなみに、本日、税務署に、給与支払事務所の開設届も出してきました。

自分ですべてやりましたので、これで他の方のもできます。
事業主の方、わからないことがありましたら、ご相談下さい。
by ofuna-law | 2005-04-07 19:54 | これまでの事務所運営
債務整理事件の流れについて,よく質問されるので,書きます。

まず,法律相談をして,借金の額,債権者(社)数,借金の原因等を伺います。

次に,債務整理を弁護士に任せるというのであれば,委任契約を結びます。
このとき着手金をいただきます(分割払いに応じています)。

着手後,すぐに,債権者(社)に対し,弁護士介入通知を発送します。
これにより,債権者(社)からの債務者への請求は止まります。
(これで一安心される依頼者が多いようです。)
債権者(社)は,弁護士に対し,取引経過や債務残額を回答します。
この回答が出そろうまでに1~2か月かかります。

弁護士は,債権者(社)からの取引経過や債務残額を見て,
分割弁済の和解を結ぶ(これを任意整理と言います)か,
自己破産をするかを判断します。

任意整理の場合は,分割弁済の和解を結んで,事件終了です。
報酬金をいただきます(分割払いに応じています)。

自己破産の場合は,申立てのための打ち合わせを行い,
住民票等の必要書類を揃えて申立てをします。

申立てから2か月後に,裁判所で,免責審尋という手続が行われます。
裁判官が,債務者から,破産に至った経緯等を簡単に聴取します。
その1か月後くらいまでに,免責決定が出ます。
これにより,債務がなくなることになり,事件が終了します。
報酬金をいただきます(分割払いに応じています)。
by ofuna-law | 2005-04-05 12:12 | ・債務整理 過払い

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ


by prof-law