大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所の某弁護士の述懐

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ

カテゴリ:趣味 オフ 癒し( 21 )

恩田陸著「蜜蜂と遠雷」

新聞書評に掲載されていて,本屋大賞ノミネートや直木賞も受賞している本書。
ピアノコンクールを舞台に,第1次予選,第2次予選,第3次予選,決勝と,若き個性的な主人公たちが繰り広げるそれぞれの演奏と成長。

しばらく前から個人的に,代表的なクラシックは曲と曲名と作曲家を一致させたいという願望が湧き,車でよく聴くようになっていたのも,読んだ理由のひとつであったりもする(余談)。なお,本書に出る多数の曲は,作曲家こそ有名どころばかりで知っているが,曲ひとつひとつは全て不知であった。

つい先日,寝る前に読み始めたら,止まらない。すぐに寝落ちするかと思ったら,しない。
結局,朝まで6時間ほどかけ一気読みである。
(翌日寝不足で辛かったのみならず,生活のリズム全体がまだチグハグで大迷惑である)

一言で感想をいうと,「音楽を極めて重厚に文章化する作者の力量が凄い」。

自覚や理解ができ,直接なら誰かと鮮明に共有できることなのに,いざそれを未知の誰かに対し,言葉や文章を介して伝えるのが難しい事柄というのは,世の中に多数存在する。

本書では,それが音楽なのであるが,その難しいことに見事成功しているのである。

弁護士も,書面に,事実や心情をわかりやすく,しかしながらできる限り簡潔に文章にできるにこしたことはない。むしろ,日頃,それに四苦八苦し,試行錯誤を繰り返している。
本書は,すばらしい見本だと思う。

今まさに読むべき本である。

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです
  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by ofuna-law | 2017-04-05 08:00 | 趣味 オフ 癒し
今秋のドラマ。いくつか見ているが、「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS・火曜)は、面白い。コミカルで楽に見れて時々からからと笑える。

原作は漫画。元々全巻読んでいて、結婚・仕事・人生につき、ほどよく考えさせ楽しいのだが、ドラマはドラマで出来がよい。

配役も絶妙だと思う。横浜みなとみらい地区を使ったロケも、神奈川県民には身近だ。

内容とは関係ないが、星野源が劇中で着る服、オンオフともにきっちりとしつつも普通な加減がとても参考になる。

弁護士や刑事物ドラマは、オフとして楽しめないので、原則避ける性分。
ゆえに、この性分にこのドラマは合っている。

ちなみに、「校閲ガール」(日テレ・水曜)も見ている。こちらは少し若年代向けで、恋愛物色が強く、はまるまではないが、石原さとみの魅力で十分持っている。

by ofuna-law | 2016-11-17 10:25 | 趣味 オフ 癒し

漫画「あさひなぐ」

いわゆるスポ根漫画だと、古くはキャプテンとか、柔道部物語など、数々の定番を読んできたけれども、最近一気に読破した「あさひなぐ」は、中でも秀逸な一作である。

主人公は女子高生。
打ち込む部活は、薙刀(なぎなた)。

この点のみで、スポ根でも格別な感じが匂う。

努力や友情や敗北からの成長など、あらゆるスポ根漫画の要素くまなく、ちょいちょい笑いあり、たまに悔しさや感動で泣かされたり、要は、引き込む力がある。

この種ストーリーで、ありがちなのは、日常生活における主人公の負の要素が、部活動では最強の要素となって活躍するというパターン。しかし、この「あさひなぐ」では、このパターン該当性はほとんどない。

該当するとすれば、ひたむきに努力を継続できる、というヒロインの性格。努力というのは、難しいけど心がけがあればできるものなので、そこにスポットが当たるのはとてもよいし、そこ、もっと言うと、単に努力だけでなく、その継続との点に、着目したのは稀有ではないか。

一番興味深かった点は、指導者から教えられることなのだか、対戦において、「先の先を制する(読む)=主導権を握る」こと。

主人公の受動的思考からくる対戦での受動的姿勢や態度のためゆえ、強く指導され、そして、それを少しずつ少しずつ、試行錯誤して身につけていくのだか、いずれも共感の一言に尽きる。

種目やルールなど全然違えど、仕事柄、相手があるという面では同じ。ゆえに、同種の心構えが必要とされることが、有形無形に絡んで、身につまされるのだと思う。

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです

  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by ofuna-law | 2016-10-13 21:55 | 趣味 オフ 癒し
法律の世界は,「~しなければならない」「~すべきである」「~と決まっている」という建前で動いている。

これをオフの私生活に持ち込むと,息がつまる。
家族や友達らとの関係も,心地よいものではなくなる。

なので,わたしは,オフのときは,「~したい」「~しよう」「~したほうが楽しい,気持ちよい」という快不快を優先する建前で動いている。

こうやってストレスの解消や,心身のバランスをとっている気がする。
by ofuna-law | 2012-10-30 13:12 | 趣味 オフ 癒し
ズボンプレッサーの定番といえば,英コーギー社のズボンプレッサーであろう。

スーツ着用すぐの平成9年ころ(修習生時),東芝社のズボンプレッサー(当時約7000円程度)を買い使った。

けれども,よれるし,しわがきれいにならないし,折り目もまっすぐぴちっと行かないしで,お蔵入りになった。機械だから仕方ないと思っていた。

その後時代は過ぎて,平成24年。
最近英コーギー社のズボンプレッサー(約2万円)をプレゼントされ,使い始めた。

結論として,逸品である。機械とはいえ,がっかり感はもはや皆無である。
15分のプレスで,とにかく折り目がまっすぐぴちっと行く。多少生地がよれるが,気にするほどでもないし,しわ伸ばしスプレーをすれば,あたかもクリーニング直後のように,ぱりっとする。
縦置き自立式でもある(家電店でもビジネスホテルでも,ズボンプレッサーは通常縦置き自立式ではなく,横置き持ち運び式。明らかに違う)。

紳士服の国といえる英国由来のズボンプレッサーならではである。

くたっと,しわしわ,折り目消失のパンツは,どう考えても損である。
クリーニングのコストや,アイロンがけの手間を長い目で見れば,価格2万円も,決して高くない。
by ofuna-law | 2012-05-24 13:04 | 趣味 オフ 癒し

広島旅行を楽しく疲れた

16日(火)から18日(木)まで,広島に旅行に行きました。
広島は,これまで行ったことがなく,以前からずっと行きたかったからです。

一日目は,朝,羽田から飛行機で広島空港へ。広島空港からレンタカーに乗り,高速道で広島市内へ。

みっちゃんという店で,お好み焼きを食べ,熊野筆を買い,カズという店で,広島つけ麺を食べ,縮景園に行き,広島城に行き,ANAクラウンというホテルにチェックイン。夜は,玉乃井という店で郷土料理を食べ,その後,夜の平和公園と原爆ドームを散歩。

暑かったですが,見所満点でした。

二日目は,朝,高速で尾道へ。

千光寺公園を見て,尾道ラーメンを食べに朱華園という店に行きましたが,大行列で断念。その後,とんちんかんという店でやはり並んで尾道ラーメンにありつけました。
その後,しまなみ海道をドライブし,愛媛県に入り,今治から松山へと進み,松山観光港からフェリーで広島港へ。広島港から宮島港へ車で自走し,宮島口で駐車。宮島港から船に乗り宮島へわたりました。みや離宮という旅館にチェックイン。

この日は,かなりの強行軍で,旅館到着が21時になってしまいました。松山から広島へとフェリーを使うのは,思いつきの奇策でしたが,まあまあナイスアイデアだと思っています。

最終日は,朝,宮島の厳島神社を観光。

さすが世界遺産の国宝だけある荘厳さ。シーズン外れてますが牡蠣焼きを食べ,あなご飯を食べ,藤い屋という老舗もみじまんじゅうのお店でおみやげのもみじまんじゅうを購入。

その後,船で宮島口に出て,そこから車で岩国へ。
一番見たかった錦帯橋を渡橋。白蛇も見て,岩国寿司を食べ,その後,一気に岩国から広島空港へと行き,飛行機で羽田へ。

疲れも出て,高速道で強烈な眠気をもよおし,途中パーキングエリアで1時間ほど仮眠するほどでしたが,楽しかったです。

家に着いたのは昨日23時。
充実の旅でした。かなりハードスケジュールで,夏だし,体力がへばり,大変でしたが。

たまの旅行は,仕事の活力源ですが,移動移動の旅行は,特に夏はやめたほうがいいなと。
今度は,温泉かリゾートで,ほとんど移動せず,のんびりとした旅行がしたいです。
ですが,9月に裁判員裁判を控えていたり,しばらくはスケジュール的に無理そうな感じなので,とりあえず仕事頑張りたいです。

4つのブログランキングに登録しています。
この下の4つのカラフルなバナーをそれぞれクリックしていただきますと点数が入ります。
にほんブログ村 士業ブログへ ビジネスブログランキング ビジネスブログ100選
by ofuna-law | 2011-08-19 10:52 | 趣味 オフ 癒し

鎌倉あじさい散策

昨日,鎌倉へあじさい散策に行ってきました。

あじさいの季節の鎌倉は,地元に住んでいるにもかかわらず,人生初でした。
ガイドブックを2冊買い,コースを研究。
雨を心配しましたが,曇り時々晴れの天気で,雨は降らずラッキーでした。ただし,蒸し暑く,汗はだくだくになりました。
あじさいの時期的には,丁度中盤という感じ。今週が満開だと思われます。
観光客は,はっきり言って多く,全体的にすごく混んでいました。

午前中,10時ころ,藤沢から江ノ電に乗って,極楽寺駅へ。

まずは,極楽寺駅から徒歩約3分のところにある成就院へ。ガイドブックいわく,明月院(別名あじさい寺)に次ぐと言われるあじさいの名所。種類豊富カラフルなあじさいが上る参道脇にたくさん咲いて圧巻。高台にあり,由比ヶ浜も望めます。驚いたのはこれだけ見所があるのに入山料が無料だということ(ほかは全部300~500円くらい取られます)。

その後,徒歩約10分で長谷寺へ。山の斜面にあじさい園というのがあり,整理券式で入場制限があり,ずらずらと並んで上ってから下ります。ここも種類豊富でカラフル。

お昼は,確か「カロ」っていう名前の洋食屋で,地元では評判らしく,30分くらい並びました。

午後は,まず長谷周辺の光則寺へ。ここはこぢんまりしていますが,園内をぐるっと鉢植えのあじさいを中心に,特に種類としては山あじさいという,もともと野生のあじさいが見れます。このお寺,意外とこぎれいで,雰囲気がいいです。

その後,長谷駅から江ノ電で鎌倉駅に行き,JRに乗り換えて,北鎌倉駅へ。江ノ電はすし詰めで,混雑のためダイヤが乱れている状態でした。

そして,本日の目玉である明月院へ。明月院は,さすがに別名あじさい寺というだけあり,園内たくさんのあじさいがあります。ただし,あじさいの種類は少なく,色的にはブルー系のあじさいが中心です。成就院,長谷寺,光則寺は,赤とか紫とか,カラフルなんですけど,明月院は,ほとんどがブルー系。ですが植わっている株数は一番多く感じました。

その後,バスに乗り,鶴岡八幡宮の前でバスを下車。萩で有名な宝戒寺というお寺を軽く見て,小町通りを散策。それにしても小町通りは色々な店があり,混んでますね。人をかき分けて進む感じ。鎌倉駅へと向かいました。着くともう16時。江ノ電に乗り,藤沢へと帰りました。
by ofuna-law | 2011-06-13 17:50 | 趣味 オフ 癒し

明大ラグビー部

明治大学の学生時代に明治のラグビーにはまりました。
私の大学時代の明治は大学日本一になるなど実績がありました。
とても強かったです。

私の卒業後しばらくしてから弱くなってしまいました。
今年も早明戦で早稲田に勝って一矢を報いましたが,まだまだ弱かったです。

新監督に吉田義人監督が就任しました。
選手としては一流でしたが監督としてはどうなんでしょうか。
とりあえず今年の明治に注目です。
by ofuna-law | 2009-02-19 12:59 | 趣味 オフ 癒し

手紙をしたためること

筆まめでありたいと思っています。
弁護士になってから,特にそう思うようになり,実践しています。

手紙や葉書は,電話やメールとは違った暖かな印象があり,もらうと嬉しいですから,その逆をしています。

基本は手書きです。
時候の挨拶から入り,文章を練りながら書き直し書き直ししているうち,趣のある手紙ができるように思います。

葉書のときは,湘南(江ノ電や江ノ島など)をモチーフにしたイラスト絵はがきを愛用しています。

先日,司馬遼太郎の「龍馬がゆく」を読んだのですが,坂本龍馬はとても筆まめで,乙女姉さんらに脱藩先から手紙を沢山書きました。
それがかなり現存していて,龍馬研究には欠かせない資料になっているとのこと。若干脱線しました。

電話やメールが便利になったご時世だからこそ,手書きの手紙や葉書は逆に新鮮ではないでしょうか。

by ofuna-law | 2008-11-06 18:50 | 趣味 オフ 癒し
全8巻読破しました。

薩長同盟が一番の功績とされます。が,それだけではない。幕末から明治維新にかけて,大政奉還やその後の新政府の構想(特に,民主主義体制の樹立)ひいては五箇条の御誓文の原案となるものの起草等まで,全体を陰で操った(土佐脱藩の浪士だったかゆえに)。最後は幕府側による暗殺という,激動の人生を送った偉人と再認識。

もっとも,小説ゆえ「竜馬がゆく」を全面的に信用はできず,異論も強いとのこと。

しかし,「竜馬がゆく」が描く,とても爽快で豪快で心豊かな人懐っこい人気者の竜馬という点は,信用したいです。
全8巻というのが,結構長く,読破に2か月かかりました。この点で躊躇されるかもしれませんが,読みごたえ十分でお勧めです。

執筆中の司馬遼太郎が竜馬関連の文献を買い求め、神田古本屋街から竜馬関連が全て消えたという逸話が残っています。

by ofuna-law | 2008-09-21 09:27 | 趣味 オフ 癒し

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ


by prof-law