大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所の某弁護士の述懐

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ

カテゴリ:コラム( 11 )

弁護士の「弁」という漢字は,そのもの「弁」を含め,元は4つの漢字(弁・辨・瓣・辯)を当用漢字の字数制限のため集約し,「弁」ひとつを用いるようになっているとのこと。
音読み「ベン」,訓読み「わきまえる」。

元々の4つの漢字の独自の意味は,次のとおり。

1 弁
(ずきん状の)冠。「武弁/弁髦」

2 辨 ※挟まれているのは「リ」
是非・善悪を区別する。正しいか正しくないかを分ける。わきまえる(物事がそうなった理由を知っている)。「弁別/思弁/弁証/弁明」
けじめをつけて処理する。「弁済・弁償/勘弁/支弁/自弁」
弁当。「駅弁/早弁/腰弁 (こしべん) 」
事を処理する。事務をさばく。「合弁/弁理」

3 瓣 ※挟まれているのは「瓜」
瓜の種。瓜の種を含んだ柔らかい部分。
花びら。「花弁」
果物のふさ。みかんなどの肉の一片。
管を流れる気体・液体の流れを制御する(花びら状の)装置・バルブ。「弁膜/安全弁/僧帽弁」


4 辯 ※挟まれている漢字は「言」
理屈を立てて話す。訴える。「弁解/弁護/弁明/弁論/抗弁/答弁」
理屈を立てた議論。述べる。ものの言いぶり。「弁舌/詭弁 (きべん) /訥弁 (とつべん) /熱弁/雄弁」
独特のしゃべり方。方言。「大阪弁/東北弁」

以上からすると,士業で同じ漢字を使う「弁護士」と「弁理士」。元の弁の字は違い,それぞれ「辯護士」「辨理士」となります。

辯護士。つらいの「辛」が2つも挟まる言葉(「言」)の仕事であると読め,確かにそういう一面があると感じるのが正直なところ。

なお,以下備考。

辨には,「辧」(異体字。辨の[リ]が[刀])と「辦」(環境依存文字。「辨」の[リ]が[力])があるとの指摘があります。
ただ,「辦」は「弁」の旧字体ではなく表外漢字で,新字体は存在せず,当て字として「弁」とするとの指摘もあります。ゆえに,「辨」と明確に区別すべきかもしれません。そもそも「辦」は,処理するとの意味。そのため,だとすると,辨理士は,「辦理士」となります。
「辮」という辮髪を意味する漢字もあります。「弁」に集約した字ではないのですが,当て字は「弁」。辮髪を,弁髪と書きますので。

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです
  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by ofuna-law | 2017-01-20 12:32 | コラム
今春4月新ドラマ、松潤の日9(TBS)「99.9-刑事専門弁護士-」と、竹野内豊の木9(テレ朝)「グッドパートナー 無敵の弁護士」が始まった。

両方初回を見た。

松潤のほうは、刑事弁護人がテーマ。
変人弁護士を人気者の松潤がやることが大衆受けするという狙いか。
上司(香川照之)が検事上がりのいわゆるヤメ検。この役の活躍に期待。一点、こういう役をほぼ香川照之がやるのはベタのように思う。
その妻役の女優さんがそれにしても綺麗だ。

なお、現役若手検事が、松潤と対立する関係上、どうしても引立役=ヒールすぎる役になっているのは、現実と違うので、誤解のないよう注意。
どちらかというと、個の検事の個性は、本来は、「HERO」(フジテレビ)のキムタクほか同僚検事たちのそれにイメージが近い。

ただし、検察内部の上司(奥田瑛二)と部下の規律の厳しさは、ままある。
対して、「HERO」のほうが、上司部下の関係を、ハートフル方向に振りすぎである。

竹野内豊のドラマのほうは、小さい企業法務の弁護士事務所の話。ちなみに、劇中説明が多いのに、説明がなかったのだが、業界では、こういう事務所をブティック型の法律事務所という。

気づいたのは、この事務所の間取りが、HEROの庁舎(地検城西支部)に類似するところ。この間取りは、ドラマのコマ割りを、時には個、時には全体と切取れるから、都合がいいのだろう。

ただ、法律事務所も検察でも、現実はこのような間取りは少ないように思う。
どうも、HERO同様、職場内でのコミカルなやり取りを描きたいという製作意図を感じる。

基本的に敵対する相手がいる関係上、弁護士ドラマは、流れが、最初はピンチで、最後は逆転し、そのギャップの大きさがスカッとするという形になる。つまり、どうしても「半沢直樹」的な流れになる。これは仕方ないのかもしれないが、最近はどれもどれもでマンネリに感じる。

余談だが、BL要素があるのでまだ世間的に時期尚早かもしれないが、よしながふみ著の漫画「きのう何食べた」をドラマ化してほしい。主人公が弁護士なのだが、半沢直樹的な流れがなく新しいはず。

細かいところであるが、よりリアルに近いかを見る一つの基準として、小道具としての、弁護士バッチの作り込みが挙げられる。

経験上、ドラマの弁護士バッチがチープなほど、ドラマもリアルから離れ、あくまでもドラマ(非現実的)になる気がする。

今のところ、その点だけでみると、松潤のドラマのほうが作り込みがしっかりしているように見えた。

ただ、竹野内豊は、最近特に「素敵な選タクシー」で面白かったこともあり、個人的には期待している。

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです
  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by ofuna-law | 2016-04-26 13:18 | コラム
以下、あくまでテレビのごく一部の情報しか知らないでの独り言。

1 任意の自白かの判断材料につき、自白の取調べ時のビデオ録画のウエイトが大きかったとのこと。

元々、取調べ時の録音・録画は、昔は無くて、冤罪防止のため弁護士会は運用に積極的。対して、検察は様々な理由で消極的。
そんな中、数年前から一部運用。

今回のように、犯罪成立の方向に使われるとは。ややシニカルだ。

2 弁護士的に、自白の任意性よりも、まず量刑に目がいってしまった。

本件判決は懲役20年。
一般的に被害者一名の殺人の量刑の幅(中央値)は懲役10-15年の範囲という感覚がある。ということは、今回は重い。

それは、自白後の否認が虚偽で、だからこその無反省が不利に斟酌されたのではと思う。

もちろん無罪前提の弁護方針ゆえ仕方ない。

自白がなければ立件不能という自首的側面と、それゆえの謝罪と猛反省を尽くすことを強調する弁護方針がもし可能だったら、量刑は違ったと思う。





by ofuna-law | 2016-04-13 08:51 | コラム

きどにたてかけし衣食住

人と話していて話題に困ったときと、私は法律相談の最中にクッションとして使う呪文。。。
「きどにたてかけし衣食住」。

き →季節気候。「最近梅雨だから雨多いですよね。前の土曜はよく晴れたからよかったです」

ど →道楽。「相模国六社、六所神社参拝しました。祭神が女神だから御守りが「櫛の形」でしたよ」

に →ニュース。「新聞は毎日読んでますけど、気になるニュースないなあ。何かありますか?」

た →旅。「最近旅行してないなあ。行くなら四国かなあ。じっくり回りたい」

て →テレビ。「大河はつまらないから見るのやめちゃって。ドラマは天皇の料理番を見てます」

か →家族。「最近親孝行してないなあ。父の日、何かしました?私何もしてなくて。。」

け →健康。「40過ぎて、体力ががたがたっと落ちて。何か運動してます?」

し →仕事。「法律相談は、聞いた後、必ず解決策を提示しなければならないのが大変」

衣 →衣服。「最近、クールビズのYシャツの下は、ユニクロのエアリズム。さらさらでいいですよ」

食 →食事。「そろそろ、好物の鰻の季節です。鰻は好きですか?」

住 →住まい。「平塚の事務所近くに転居したんですよ。住環境は藤沢よりのどかな雰囲気です」

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです

  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by ofuna-law | 2015-06-23 09:00 | コラム

有隣堂

藤沢で、最も有名な本屋は、有隣堂だと思います。

物心がついた昭和50年代後半には、藤沢駅南口の名店ビルに、既に入っていました。

小学生のときは、有隣堂に本を買いに行くことは、電車での遠足でした。

地元「六会」という生活圏から出て、藤沢駅までは小田急線で10分。
子どもには、藤沢は大都市。かつ、有隣堂には、膨大な蔵書があり、未知の知識の宝庫。

有隣堂は、横浜の伊勢佐木町に本店があり、神奈川・東京に一大チェーンを築く本屋。神奈川の地元企業です。

本屋だけでなく、文具店、CDショップ、音楽教室も、業務としています。

昔は、「有隣堂パーラー」というものもやっていたそうです。念のため、「資生堂パーラー」ではありません。

さて、有隣堂の「有隣」の由来は、ご存知でしょうか?

これまで、その由来など、考えたことありませんでした。

ところが、たまたま論語に関係する本を読んでいたところ、「有隣」についての記述があり、そこで初めて、有隣の意味かを知りました。

それは、「徳不孤 必有隣」という一文です。「徳は弧ならず必ず隣あり」と読みます。

徳のある人は、孤独ではない、その徳には必ず人が集まってくる、常に理解してくれる隣人がいるという意味です。

その意味を推し進めると、徳があれば孤独になることはない、だから、徳を養いなさい、徳を持つようにしなさい、という意味があると思います。

だから、かなりの推量がありますが、有隣堂は、本こそが徳を養うものであり、徳を持ち、徳を養おうとする人が集う本屋になりたいという気持ちで、屋号をつけたに違いないと思います。

というような由来を、先日、藤沢の友達との酒席で話題にしたところ、なるほどー、といった反応があるはず、という予想に反し、「何それ、おかしくない?」という反応が。

どうも「徳」を「得」と勘違いしたようで。

当然、「得は弧ならず、必ず隣あり」では、意味が全く変わってしまいます。それも、悪い意味に。

得なことには孤独はなく、人が集まってくる(群がってくる)。それが有隣堂の名前の由来のはずありません。

あくまでも「徳」です。
by ofuna-law | 2014-08-01 03:18 | コラム
神奈川・横浜には、地裁地検弁護士会に、「湘南支部」がない。
それはなぜか。

要は

支部に興味がない、さしたるメリットを感じない。
支部のしがらみに縛られたくない。

だと思う。

そもそも、神奈川(横浜弁護士会)には、弁護士が1430人いる。

管轄は、関内の本庁のほか、川崎支部(194人)県西支部(111人)、横須賀支部(42人)、相模原支部(71人)がある(括弧内は、所属弁護士数)。

そもそも、「湘南の範囲とは?」に関しては、論争があるが、ここでは、鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、寒川町、平塚とすることにする。

このうち、鎌倉~寒川町までは、本庁管内に、一方、平塚は、県西支部管内に、それぞれ属する。

これら湘南地域には、簡易裁判所はある。
鎌倉簡裁、藤沢簡裁、平塚簡裁である。
しかし、地家裁はない。

最近驚いたのは、横須賀支部(横須賀、逗子、葉山その他三浦半島の自治体を管轄)の弁護士人数が、前記のとおり、42人ということ。

湘南は、支部はないが、弁護士数は

鎌倉19人、藤沢42人、茅ヶ崎7人、寒川町1人、平塚市19人。合計88人。

つまり、湘南には、横須賀支部の倍以上の弁護士がいる。相模原支部の弁護士数も上回る。

湘南の弁護士数は、横須賀、相模原よりも多く、一大勢力なのである。

地家裁の建物を建てるとしたら、辻堂のCX地域や、藤沢簡裁の敷地など、広い土地はある。
ゆえに、規模、弁護士数、インフラ等には、何ら問題はない。

ちなみに、ここで、エピソードを1つ。

神奈川県で最後にできた支部は、相模原支部。ここは、住民運動で実現した。
相模原市は、政令指定都市化に関しても住民運動で実現。

地域柄、住みやすさ、知名度、地元のブランド力などの向上へのこだわりが強いと思う。

もちろん湘南人の地元への愛着は半端ない。湘南に住むことに誇りを持ち、満足している。自由を満喫している人が多い。

その真意は

好きな人が自由に住んで、自分達が自由に楽しく暮らせれば、それでいいじゃないという、自己満足度と地域肯定感が高いという点ではないか。

また、あまり住民運動など、目立つこと、堅苦しいことは好きではない。

というものだと思う。

それゆえ、要は、私は

市民や弁護士が湘南に支部を作る意味やメリットはなく、興味もないから、支部がない。

のだと思う。

ただし、藤沢簡裁に「家庭裁判所の出張所」は併設してほしいと思う。このような声は多い。

家事事件は数が多く、関内の本庁まで、弁護士のみならず、依頼者もが行かなければならない。
これは、ことのほか不便だからだ。

なお、地裁は、基本的に弁護士だけ行けばよいから、依頼者には不便ではない。
そんなわけで、地裁湘南支部は、このまま不要でいいと思う。
by ofuna-law | 2014-07-31 06:54 | コラム
ふと興味がわいて、大船藤沢辻堂平塚の地名の由来について調べてみた。ただし、ネットでなので原典にはあたっていない。

結論的に、一貫した共通点が見えてきた。

つまり、これらは全て湘南地域にあるが、地形的には、海(相模湾)に面した土地であり、そのことが、地名由来に大きく関わっているということだ。

それは、遥か昔の湘南の海岸線が、いまよりもずっと山よりで、湘南の東西を走る東海道線の南手前くらいまでは、海岸線だった(正確な地理は調べておらず、多くのネット記事を読む限りイメージ)ということとも関係する。

海岸線が山よりであったため、砂浜、砂丘のほか、海へと水が流れていく川、その周囲の湿原、湿地、沢など、この地域は、水地帯といえるような土地であったようだ。

まず、大船の由来。

ここは、まさに昔は、湿地帯の中に、丘が点在する土地であった。

それは、大きな船が入れるほどのものだったとのこと。そう、この大きな船から「大船」となった。それに似た説が、粟を積んだ船が出入りし、そこから「粟船」となり、それが「大船」に転じたというもの。ちなみに、大船の鎌倉よりに常楽寺というお寺があるが、その山号を粟船山という。

これらの説は、やはり、この地域が海岸から近い水地帯であったことを示す。

なお、丘も多かったことに着目し、その丘の形状が船に見えたとして、大船という説もある。
また、あくまでも私見であるが、「大船に乗ったつもり」という言葉があるように、大船は縁起のいい言葉であり、地名として相応しかったのではないか。

余談だが、大船には、屋号などに「田園」の表記が非常に多い。大船事務所の1階は田園印刷所だ。では、なぜ田園なのか。この点、大船には田園という住居表示はない。

田園の由来だが、昔、まちづくり策として、世田谷の田園調布を目指した「大船田園調布計画」というのがあったということから来ている。実現はしなかった。ただ、田園という表記は多く残ったと。
この計画が実現していたら、どうなっていたかを想像するだけでも、楽しい。そして、残念である。

次に藤沢。

藤の木が多かったという説がまことしやかにいわれるが、これは最近になって言われるようになった俗説。由来とは関係ないといわれる。

また、藤沢姓の有力武士の館があったことから、藤沢となったともいわれる。しかし、その有力武士が館を建てたときには、もうすでに藤沢という地名があり、その武士は土地名を名乗ったもの。由来とは言い難い。

最も妥当とされるのが、「淵沢」が転じて「藤沢」となったという説。

すなわち、やはり藤沢も水地帯であり、淵や沢が多い土地で、そのために、淵沢と呼ばれるようになった。これが、藤沢となったと。
訛り言葉として変化したか、あるいは、淵よりは藤のほうが、地名としては相応しいとされたのではないか。

ちなみに、藤沢駅北口のマックやセンチュリー21、てるるという携帯ショップ、ファミマがあるあたりは、字を横須賀という。

この須賀とは、詳しくは後述するが、神奈川では、横須賀と同じだ。

もともと「スカ」とは、海に沿った高地、砂丘、砂地という意味。横須賀は、横に砂丘や海岸がある土地という意味といわれる。

そうすると、藤沢駅北口直近に、「字横須賀」という地名があるのは、昔は、ここが海岸線に近く、砂浜、砂丘があり、その上に集落があったと考えて自然だ。

次に辻堂。

辻堂もやはり水地帯であった。たとえば、浜見山は、昔は砂丘。浜が砂丘の上から広く見通せたという。
柳島は本当に島だった。後に陸地化した。
その他、南湖なども水に関連する。おそらくではあるが、湖の南の土地、逆に、湖が南にある土地というのが由来であろう。

そもそも、辻堂は、もともと八松ヶ原と呼ばれていた。砂浜に八本の松があったことからきているらしい。
八松ヶ原という地名も、このように、海が関係している。

それが辻堂と呼ばれるようになったのだが、この名はだいぶ水関連からはずれる。ちょっと残念。

辻堂の由来は、漢字を見ると推理できる。
「辻」と「堂」。
現在はもう僅かしか遺稿が残っていないが、辻堂には、鎌倉街道の十字路があった。十字路とは辻。そして、その十字路にお寺があった。お寺とは堂。

ちなみに、問題は、その場所。
辻堂には現在3つの寺がある(昔はもう1つあったとのこと)。
それぞれが、我こそが「堂だ」と主張している。
この中でも、地域では「南の寺」と呼ばれる宝泉寺が、その堂であろう。

それは、鎌倉街道が直近を走っていた点だ。これは動かしがたい事実。
また、地元ではこの宝泉寺を中心とした東西南北が、それぞれ東町、西町、南町、北町といわれている点。

あと、これは、あくまでも私見であるが、前述のように、辻堂と呼ばれる前は、この地域は八松ヶ原と呼ばれていたという点。この八松という地名は、いまの住居表示には知る限りでは見当たらない。ただ、一番に思い当たる八松という表記として、八松小学校がある。
この八松小学校が、宝泉寺のすぐそばだ。

結局のところ、辻堂は、この宝泉寺を中心として発展していた地域と考えるのが妥当だろう。

最後に平塚。

これも諸説が割れているが、砂浜、砂丘、水、海に関連した地名という共通点が見いだせるという私見からすると、次の説が最も説得的といえる。

前述のとおり、「スカ」とは、海に沿った高地、砂丘、砂地などの意味がある。

そして、平塚には、馬入川の河口に、須賀港という港がある。いまでこそ、海釣りの地としての知名度くらいであるが、江戸時代は、ここが水運の地としてものすごく栄えていた。
むしろ、平塚の中心が須賀港であったといってよかった。

全国の回船が須賀港に集まり、馬入川を遡って、厚木や相模原の方へと物資を運んでいた。

この須賀港自体、いまでも須賀=「スカ」と呼ばれ続けている。まさに海沿いであり、砂浜がある土地にほかならない。

そして、平塚の「塚」は、この「スカ」が「ツカ」に変化したのではないかという考えが有力だ。
昔の人がスカをツカと訛っても、不思議ではない。

では、平塚の「平」とは?
地名としての「ヒラ」は、斜面を表す。すなわち、平は、丘ということ。
この丘は、これも私見であるが、普通の土の丘ではなく、砂丘を意味すると思う。

それは、いま、平塚の南側は、坂も丘もない真っ平らな地域。

もし、ヒラが土の丘であったなら、時代とともに、簡単に平らになるだろうか。
一方で、もし、砂丘であったなら、時代とともに、平らになりやすい。

前述の辻堂の「浜見山」も、海が見渡せた砂丘であったとされるが、いまは砂丘は影も形もない平地だ。

よって、「ヒラツカ」という呼び方そのものも平塚の地形、すなわち、砂浜、砂丘、ひいては、海を由来しているといえよう。
by ofuna-law | 2014-07-21 11:07 | コラム
コメンテーターをしました。
2回目です。ヤメ検ということで指名されているようで、今回も刑事系。

コメントを見ると、毎度、ガックリしますが、いいコメントもあります。ただし、反語であげつらわれてるのではないかと被害妄想してしまいます苦笑。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140223-00001218-bengocom-soci

なお、前回は、ネットでの犯行予告でした。

http://news.goo.ne.jp/article/bengoshi/life/education/bengoshi-topics-548.html
by ofuna-law | 2014-02-23 14:30 | コラム

内省を深める

最近気付きましたが,自分の手帳に,やりたくないことと,やりたいことと,やりたくないことをするにはどうしたらいいかと,やりたいことをするにはどうしたらいいかを,ずらずらと書いていくと,内省が深まり,精神的にとても安らかになれることに気付きました。

おすすめします。


by ofuna-law | 2008-04-28 12:15 | コラム
ある大先輩の弁護士が,「法律家は1年で3歳としをとる」と言っておられました。

どういう意味かというと,仕事柄,人同士のいろいろな悩みや問題を扱うので,社会経験が3倍相当になって,1年で3歳としをとるくらいの人生経験を送るということです。

私はこの言葉を司法修習生のころに聞いたのですが,なるほどそうかなと思います。
ただ,大学卒業後他の仕事をすることなく法曹界に入ったものですから,比較はできません。
仕事によっては,1年で何歳もとしをとるくらいの仕事があるでしょう。

仮に,1年で3歳としをとると,私は,法曹資格を得て6年目ですから,都合,43歳になります。
by ofuna-law | 2005-07-01 14:46 | コラム

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ


by prof-law