大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所の某弁護士の述懐

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ

恩田陸著「蜜蜂と遠雷」

新聞書評に掲載されていて,本屋大賞ノミネートや直木賞も受賞している本書。
ピアノコンクールを舞台に,第1次予選,第2次予選,第3次予選,決勝と,若き個性的な主人公たちが繰り広げるそれぞれの演奏と成長。

しばらく前から個人的に,代表的なクラシックは曲と曲名と作曲家を一致させたいという願望が湧き,車でよく聴くようになっていたのも,読んだ理由のひとつであったりもする(余談)。なお,本書に出る多数の曲は,作曲家こそ有名どころばかりで知っているが,曲ひとつひとつは全て不知であった。

つい先日,寝る前に読み始めたら,止まらない。すぐに寝落ちするかと思ったら,しない。
結局,朝まで6時間ほどかけ一気読みである。
(翌日寝不足で辛かったのみならず,生活のリズム全体がまだチグハグで大迷惑である)

一言で感想をいうと,「音楽を極めて重厚に文章化する作者の力量が凄い」。

自覚や理解ができ,直接なら誰かと鮮明に共有できることなのに,いざそれを未知の誰かに対し,言葉や文章を介して伝えるのが難しい事柄というのは,世の中に多数存在する。

本書では,それが音楽なのであるが,その難しいことに見事成功しているのである。

弁護士も,書面に,事実や心情をわかりやすく,しかしながらできる限り簡潔に文章にできるにこしたことはない。むしろ,日頃,それに四苦八苦し,試行錯誤を繰り返している。
本書は,すばらしい見本だと思う。

今まさに読むべき本である。

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです
  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by ofuna-law | 2017-04-05 08:00 | 趣味 オフ 癒し

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ


by prof-law