「ほっ」と。キャンペーン

大船法律事務所 辻堂法律事務所 平塚八重咲町法律事務所の某弁護士の述懐

ofunalaw.exblog.jp

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ

法廷に立つ胸にバッチのなき姿(2008.12.2の記事改訂)

2008.12.2に法廷で裁判官から「バッチつけてないですね。本当に弁護士なんですか」と叱責された経験がある。

当時35歳。そんなに素人っぽかったか,事件屋ぽかったか,人相が悪かったか。

そのころ弁護士バッチをすることが,自分を絞めつけるようでたまらなく嫌で。

そんな自分を正当化したくて,「そもそも弁護士バッチは絶対に法廷でつけなくてはいけないという義務があるのか」を,「ないはずだ」というために,躍起に調べたが,それも過去の笑い話。

結果,法律に明文はなく,日弁連の会則の中に「帯同義務」という規定があるのみで,この帯同義務とは,バッチを常に持ちあるいていつでもつけられるようにしておかねばならないという義務であり,バッチを胸に必ずつけなければならない義務ではないと判明(日弁連にも確認)。

かといって,「つける法的義務まではない」と開き直るのも,以後必ずつけるのもなんか癪だなと,優柔不断でずるずるとしていたが,いつからかは覚えがないものの,ここ数年は法廷ではつけている。

気持ちは,あたかも本気出すときに鉢巻やたすきをするのと同じ。

逆に,普段は昔も今も全くつけない。

だって普段は気合い不要だし,周囲に弁護士だと表明するごとしが嫌。
見る人がバッチ見ればすぐこの人弁護士だとわかるので。

それと,つけているときにやばいことに巻き込まれた場合,絶対に損。

普段から品行方正で真面目貫徹ならさておき,そうともなく,立ち読み,安もの買い,溜息,がさつ,空気読めない,せかせか,声がでかめなど,少なからず弱点を自覚するので,弁護士バッチで自らが弁護士と表明し続けるのは,やはりよくない。

もっと成長して常にどこでも絶対恥ずかしくない理想の弁護士になれたとき,普段も弁護士バッチをつけたいと思うが,いつのことか。

ブログランキングに参加しています
バナーをクリック頂けると幸いです

  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by ofuna-law | 2016-05-06 10:30 | 反省 回想 雑感

湘南に3つ ―大船(鎌倉市)・ 辻堂(藤沢市・茅ヶ崎市)・平塚八重咲町―法律事務所を置く 弁護士法人プロフェッションの いち弁護士が 思いや出来事を時々つづるブログ


by prof-law